遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


通勤のお供
2008年12月10日 (水) | 編集 |
奪取』が読み終わって、
今はコレです。

ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)
垣根 涼介

幻冬舎 2006-04
売り上げランキング : 53519
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「奪取」はちょっと軽快でコミカルな雰囲気もあったのですが、
この「ワイルド・ソウル」はちょっと重いかな。

南米が舞台になっている本を読むのは「CHE」以来2冊目だと思います。


この「ワイルド・ソウル」は、大薮春彦賞・吉川英治文学新人賞・日本推理作家協会賞をトリプル受賞した作品のようです。
まだ上巻の半分くらいですが、内容にかなりの厚みがあり、読み応え充分! これからが楽しみです。

最近は、失敗を恐れて(?)何らかの受賞をした作品を選んで読むことが多くなりました。


以前は、サントリーミステリー大賞物を結構読みましたが、残念なことにサントリーミステリー大賞自体が終了してしまいました。

この作家、垣根涼介氏は、「午前三時のルースター」で、読者賞とともにサントリーミステリー大賞をダブル受賞をした作家です。
サントリーミステリー大賞は、その後のドラマ化が約束されたものなので、この作品も高橋克典の主演でドラマ化されましたが、本を読んでいると、ついつい本のどの部分が今ドラマで進行中なのかと頭で考えてしまって100%では楽しめません・・・(^^;


最近は小説のスケールがどんどん大きくなって、ドラマ化・映像化は難しい、というものも増えていると思います。
きっと、この「ワイルド・ソウル」なんかも映像化したらおもしろいだろうけど、かなり難しいんだろうな~と思いつつ、もしやるなら主演はこの人かな~とか、ちょっと考えながら読んでみようかな。


通勤電車での読書なので、降りる駅を間違えないように・・・
本にのめりこみ過ぎないように気をつけます(^^)




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。