遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009冬の箱根旅行 -1-
2009年01月14日 (水) | 編集 |
連休を利用して、箱根へ行ってきました。

予約していたレストランのLUNCHの時間まで多少時間があったので、
少し遠回りして熱海の方を回り、海沿いのドライブを楽しみました。

2009011110300000_R.jpg

釣り船も、釣り人もたくさん出ていました。



予約したレストランは芦ノ湖・桃源台の近く。
フレンチのオー・ミラドーです。
何度目かの訪問ですが、シェフが野菜と地のものにこだわっている方なので、味だけでなくいつも目も楽しませてくれる期待を裏切らないお店です。

オーベルジュなので、宿泊もできます。


2009011113440000_R.jpg

これは敷地内の、結婚式を行う建物。
結婚式に限らずパーティとかも行えるのだと思います。

ステキな白亜の立派な建物です。
ヨーロピア~ンですね♪


レストランはこちら。

2009011113430000_R.jpg

サンルームのように明るいガラス張りのお部屋の奥は、
暖炉もある重厚な雰囲気の席へ続いています。


LUNCHコースは3種類。

軽めのAコースは、メインが魚かお肉のチョイス。
Bコース・シェフのオススメコースはメインにお魚とお肉の両方が出てくるしっかりしたコース。


今回は内容から、シェフのお勧めコースにしました。
但し、苦手な食材がある場合は、別のコースのものと取り替えたりしてくれます。


例えばこの日は、Aコースのお肉が牛フィレ、
Bコースのお肉は仔羊、オススメコースはエゾ鹿、
というように、食材が異なるので、苦手なものがあったり
他に魅力的なものがあれば、メインだけお取替えなどが可能です。

まずはアペリティフ。
写真を撮るのをすっかり忘れて食べてしまいました(笑)
ワカサギのフリッター(?)など3種。


1_R.jpg

続いてコースのオードブル。(左)


私はこれをBコースのものに替えてもらいました。
毛ガニとセロリのクレープ包み、だそうです。

クレープの中はカニがたっぷり!
冷製の、だけどしっかりした前菜でした。


右はアラカルトのスープ。
コースとは別メニューです。


手長エビのカプチーノ仕立て。

右のスプーン上のサワークリームを熱々のスープに溶かしていただきます。
手長エビは駿河湾産で、殻ごとつぶして漉したという濃厚スープなでした。


お魚は金目鯛です。

2_R.jpg

わざとうろこを少し残して、カリカリに仕上げたんだそうです。
白身のほろほろっとした柔らかさと、うろこと皮のかりっとした食感がGOOD!
金目の下にはラタトゥーユ。
向こう側はちょっと辛みのあるトマトのソテー。
合わせていただくと余計に引き立つ味でした。


メインのお肉はエゾ鹿です。
この季節しか食べられない!
というウェイターさんの言葉に魅かれて注文してしまいました。


LUNCHだから軽めに、お肉の大きさは女性の握りこぶし程度です。
真っ黒に見えますが、こげ茶色のソースは、100年以上もの歴史のある伝統的なソースだそうで、それにスグリのジャムや蜂蜜などを加え、更に濃厚にしてあるそうです。
上に乗っている丸いのは黒胡椒の粒です。


とっても柔らかく、牛肉に似ているといえば似ているかも。
でも、やはり多少クセがあり、臭みとクセを消すための濃厚ソースなんだなと思いました。
とってもMATCHしています。


もう苦しいくらいにおなか一杯ですが、デザートです。
2009011113170000_R.jpg

季節もので、林檎のシャーベットとケーキです。
カルバドスをたっぷり使ってあるそうです。


まだちらほらと雪の残る箱根で
温かい日差しの中、楽しいお昼ご飯となりました。



旅館のチェックインまでは時間があったので、
新年の駅伝の興奮冷めやらぬ(?)芦ノ湖畔へ。

4_R.jpg


5区のゴール&6区のスタート地点、
それから、箱根駅伝ミュージアム、です。

私の母校が出ることは決してないけれど、
自分の母校が出場したら興奮するんだろうな~と羨ましく思いました。



足の湖畔の渋滞をとろとろと走り、今日のお宿へ向かいました。



《続く》


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。