遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


趣の異なる3冊
2009年03月23日 (月) | 編集 |
乱読なので、読んだ本を良く忘れます(^^;
内容などはもっと忘れます
なのでここで備忘録。
読んだ本をとりあえずせっせとまとめています。
→ http://jjjasmine.blog57.fc2.com/blog-category-7.html


2009031021220000_R.jpg

直木賞作家・船戸与一のぶ厚い2冊。
今まで読んだ本の中で一番重かったかもしれません、テーマが。。。
というか、女性向きではない本、だと正直思いました(^^;

表紙の通りで、拳銃がバンバン出てきます。
バンバン打っちゃってます・・・

何度も何度ものけぞるほどに驚かされ、
最後まで息を呑むシーンが多く、楽しめたというよりどっと疲れました。


でも、こんな内容の濃い本を読んじゃったあとは、
どんな本を読んでも軽く思えてしまいそうで
次には何を読んだらいいのだろうか・・・・と悩みました。



そして・・・・
尊敬する20年来の友人(年下の男の子ですが)が薦めてくれた
秋山真之が主人公の本。
「坂の上の雲」全8巻。
優しいタッチのこの本にしました。
久々に読む司馬遼太郎です。

2009031021240000_R.jpg

今をときめくもっくんが今年の秋・この特別大河ドラマで主演します。
生前作者は、この本の映像化を拒否し続けたんだそうですが
作者の死後、NHKが遺族にラブコールを送り続け、ようやくドラマ化が実現。
NHK渾身の大作になるそうで・・・・
それまでに読み終わるかどうか・・・・・

ちなみに秋山真之を尊敬するこの友人は、
このドラマの配役にはまぁまぁ納得なんだとか。(^^)
じゃあ、ドラマも見よっかな。(^^)



そして、旅行先で読もうと思って買った1冊。

2009031021230000_R.jpg

小説が好きで、エッセイ物はめったに読まないのですが、
知らない世界のことをちょっと知りたくなりまして購入。

実は、10月のモルディブで読もうと思って買ったこの本。
結局向こうでは読む時間と心の余裕がなく(遊んでばかり・・・)
スーツケースで旅行だけは共にした仲です(笑)

このたび湯布院でちょっと読み始めました。

これがまた面白い!
評価倒れではなく、評価の通り面白くてどんどん進んでしまいます。

だけど、笑いたくなっちゃうし、涙が出そうにもなるし、
ちょっと通勤には向かない1冊です(^^;

オススメです




このような調子で、浅く広く(?)
通勤のお供に欠かせない本を毎日バッグに入れて持ち歩いています。


猛き箱舟〈上〉 (集英社文庫)
猛き箱舟〈上〉 (集英社文庫)

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

赤めだか
赤めだか




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。