遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009 春の湯布院旅行 -3-  お夕飯
2009年03月25日 (水) | 編集 |
この旅行のメインイベント【お夕飯】です。

夕飯1_R

お部屋ではなく個室の食事処をお願いしました。
この狭い(?)空間がなんか落ち着けるというか、
食事に専念できて好きなんです。掘りごたつだし!

食前酒には「かぼすカクテル」を注文しました。


2009031419010000_R.jpg

お品書きにある春の盛り合わせが既にテーブルに並んでいました。
ここからは1品1品運んでくれます。

2009031418400000_R.jpg

2009031418580000_R.jpg

2009031419020000_R.jpg

緑色の山芋のスープは、山芋と木の芽をすりつぶして混ぜたものがスープに浮いていて
中のお澄ましには、ハマグリと菜の花が入っていました。
出汁の味がとてもよく、スープと山芋の相性バッチリでした。

お造りは、関アジ(右)と鯛(奥)、そして左にあるのは、うにを鯛で巻いたもの。
ぜいたくです~。


2009031419140000_R.jpg

2009031419140001_R.jpg

2009031419240000_R.jpg

2009031419350000_R.jpg

春らしく、かわいらしい梅の器に入ったかぶら蒸し。
甘鯛とほうれん草・・・が入っていました。
これがまたなんとも美味しくて、かぶらとわさびのちょっとツンとした味がバッチリでした。

名物のフォアグラ大根は、変わらぬ味。
たらの芽が添えてありました。
フルーツのおソースが良く使われるフォアグラですが
ここではワザビしょうゆ味でした。

天ぷらは、百合根のあられ揚げとあり、ちょっと陰に隠れた丸いのがそれです。
その陰を作っている野菜の天ぷら。
これはイタリアの「プンタレッラ」という野菜だそうで、天ぷらによくあいます。
生だとちょっとだけ苦味があるそうです。


2009031419500000_R.jpg

カボスシャーベットのグラニテ、です。
和食なのにここでお口直しが出るあたりがニクイです。



ここまでは、和懐石のようです・・・・・
ここからが秋桜らしいところ!
メインへ突入です!




2009031419540000_R.jpg

2009031419570000_R.jpg

名物の冬限定メニュー「地鶏のつみれ鍋」です。

出汁のきいたスープに地の野菜(クレソンも入れちゃうのですね!!)と一緒に
地鶏のつくねを自分で入れていきます。

右端の柚胡椒おろしをちょっと溶かして食べるとうなるほどの美味しさです。
最後までうなり続けながら完食です。


夏場でも、数日前に「これが食べたい!」ってリクエストすれば用意してくれるんだそうです。


そしてさらにメイン・・・

2009031420120000_R.jpg

豊後牛のステーキです。
ごぼうを素揚げしたものが乗っていました。

ミディアムレアの焼き具合、ポン酢おろしでいただきます。
このステーキがまた美味しいのなんの!!
かむほどに甘さがにじみ出て、美味しくておいしくて・・・

もうおなかははち切れそうに一杯だけど、
味の濃いものが最後に来るので、
味がぼやけずに最後まで飽きずにいただけてGOODです。


そしてご飯は、
2009031420150000_R.jpg

2009031420160000_R.jpg

自家米の鯛めしでした。
これも甘くて美味しかった~~!

もうおなかいっぱいで、1杯がやっとだったけど美味しくいただきました。

2009031420180000_R.jpg

2009031420350000_R.jpg

たっぷりのお漬物と
食後のデザート。

桜プリンには桜の花の塩漬けが天ぷらされて
ミルクプリンに乗っていました。
このミルクプリンがまたまた絶品でございました。


はぁ~~、大満足!
ものすごい期待をして行ったけど、その期待を裏切らず
また来たい!と思わせてくれたこのお料理すべてに感謝です。


ご飯はたくさん残ってしまって・・・・・


そしたら、すぐにおにぎりにしてお部屋に持ってきてくれました。

2009031420460000_R.jpg

お夜食にどうぞ、って。

至れり尽くせりで・・・
ちょっと冷めたこのおむすびがまた美味しくて、ついつい。。。

ごちそうさまでした

《続く》




以前利用した時の草庵秋桜の料理長は
数年前にイタリアへ行ってしまい、料理長が変わったと聞いていました。
そしたら2年弱前に帰国されたそうで、総料理長に就任しているのだそうです。

イタリアの野菜「プンタレッラ」は、その料理長がイタリアで見つけた和食に合う野菜だそうで
今では、お願いして近郊の農家に作ってもらっているんだとか。

この料理長、イタリアではイタリア料理の修行をしていたわけではなく
ミラノで和食のお店をお手伝い(主催?)しながら、勉強をされていたとのこと。

お帰りになられて、嬉しい限りです。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。