遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古き良き喫茶店
2009年04月27日 (月) | 編集 |
会社の近くにある古き良きタイプの喫茶店『明石屋』


何年も前に、胃が痛いとき、
LUNCHにトーストを食べに行ったのがきっかけで
ちょくちょく通うようになりました。

明石屋_R

レトロな雰囲気で、4人掛けのテーブル席と、
1段高くなったカウンター席、2階もあります。


2009042012130000_R.jpg

カウンター席は、混んでいるときと、常連さん以外は座りにくい雰囲気なのです。。。


サンドイッチ_R

この日はサンドイッチを注文。

ツナ、ハム、卵、野菜の中から2種類選べます。
もちろん1種類でもOKです。


大きな長~い食パンをマスターが包丁でキレイにカットして
サンドイッチを作ってくれるんです。
だから、食パンはいつもふわふわ。
柔らかくて、優しい味です。


もちろん喫茶店なので、喫煙者が多いです・・・
タバコを吸わない私にはそれが玉に瑕なのですが
それでもこのサンドイッチが食べたくなって、
このところ週に1度はお邪魔しています。




ところで、どうしてこのお店を
今更ここで取り上げようと思ったかというと・・・




2枚目の写真、カウンターに座るおじさん(分かりにくいけどかなりメタボ体系だった・・・)と
ママ(マスターの奥さん)の会話が耳に入ったからなのです。


おじさん 『最近マドンナ見かけないね』
ママ   『うん? 朝来てるのよ』


あ~、やっぱりこういう喫茶店には常連さんがたくさんいて
その中には、男性客からひそかに(?)憧れられる「マドンナ」という存在がいるんだな~と
しみじみと思ったわけです。
昭和の匂いの喫茶店で、文学小説に出てくるようなひとコマを感じて、
それで、残しておこうと思ったわけです。






でも、このおじさん、トイレにたって戻ってきたら全開だったの・・・
早く気づいて!

私の昭和妄想が台無しじゃないのっ!



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。