遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009GW 東北旅行 -8-
2009年06月05日 (金) | 編集 |
この東北旅行も3日目・最終日の朝です。


2009050308240000_R.jpg

シンプルで一般的な温泉旅館の朝ごはんです。
暖かい鍋物は、煮物が入っていました。


この日も、色々予定が多かったので、チェックアウト時間を早めにしました。


まずは、小岩井農場へ。

この日の朝の東北地方のニュースで
小岩井農場の一本桜が満開になったとのこと。
急がなくちゃ!!


と思っていたのは私たちだけじゃありませんね・・・
渋滞に突入です。


でも、30分ほどの渋滞だったでしょうか。

2009050310080001_R.jpg

岩手山に雲がかかってしまいましたが、
見事な一本桜を見ることができました。


近辺は、立ち入り禁止になっていて、道路からみんな写真撮影です。
なので、人の入らない写真が撮れました。
携帯画像のズームじゃ、これが精一杯です・・・(^^;

2009050310070002_R.jpg

菜の花のちらほら咲いていて、緑の牧草地とのコントラストがキレイでした。

2009050310260000_R.jpg

小岩井農場は、桜の木が多く、まだ充分楽しめるくらいの桜並木でした。


農場へ入ろうと思ったら、駐車場がかなり混雑していて
臨時の入り口も長蛇の列。。。

ちょっと入って見ようか、って気持ちだけじゃ、この行列に並ぶのはもったいない感じ。
子連れが多く、1日ここで遊ぼう!って意気込みの人たちが多いようなので
私たちは、入場を諦め、次の目的地へ南下開始です。


目的地はここ、遠野です。

2009050312330000_R.jpg

これはJR遠野駅です。

もっと人がいるかな~と思っていたら、ちょっと寂しい雰囲気でした。


2009050312510000_R.jpg

遠野を有名にした柳田國男の胸像です。
うしろの建物は、柳田國男がかつて投宿した宿だそうです。
今は「とおの昔話村」の一部として、公開されています。(有料)


イマイチ人も少なくて、残念ながらパッとしないので(ごめんなさい・・・)
市街地から北上して「遠野ふるさと村」へ。

駅からはレンタサイクルを借りてこの一帯を周っている人が多かったみたいです。

でも、駅からふるさと村まで12km。
自転車の苦手な私にはちょっと無理な距離です・・・・(^^;

2009050313270000_R.jpg

ここは、駐車場が一杯なくらいに賑わっていて、
ようやく観光地へ来た!って感じがしました。(^^;

2009050313360000_R.jpg

2009050313400000_R.jpg

昔懐かしい農村を再現した施設です。


ちなみにここ、色々なロケに使われているようです。
江戸時代ものや昭和初期ものなど。

新しいものでいえば、「天地人」のオープンニング映像。
「私は貝になりたい」。
古いものでいえば、「犬神家の一族」~~石坂浩二のもの。

とにかくたくさん使用されているそうです。

2009050313450000_R.jpg

江戸時代、明治時代の曲がり家が移築保存されていて
その曲り家の中では、昔話の伝承や、民芸品の手作り販売など
さまざまなイベントがなされています。

昔話は・・・ちょっと聞いたのですが
東北訛りがきつくて、よく分かりませんでした(^^;


遅いお昼ごはんをこの施設の中のレストランでいただいて・・・・
(というか、そうしないと、食べるところがないのです・・・)


更に観光を続けます。



《続く》


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。