遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いただきもの from 北海道
2009年07月31日 (金) | 編集 |
札幌出張から戻り、向こうでお世話になった方々からいただき物が!

2009071720250000_R.jpg

富良野メロン!


届けてくれたゆうパックのお兄さんが、恐縮そうに
「2つとも、こちら宛であってますよね?」 って。。。

そう、二箱とも同じ日に届いたのです。


2009071720350000_R.jpg

XL玉----赤肉、青肉 各1個
XXL玉---赤肉2個 
 
どれもこれも小玉スイカくらいの大きさがあります。 ずっしり!
(1つ3kg近くあるようです) 


いやはや、嬉しいのですが、2人家族でどう食べればいいのやら・・・
ってわけで、ご近所でお世話になっている方と、義両親へお裾分け(^^)
これで、完熟まで待っておいしくいただけると思います

このメロン屋さん、ラベンダーで有名な、冨田ファームの冨田さんのご親戚だそうです。
メロンの中に、ラベンダーが入っていました。
いい香り~。大好きなんです、ラベンダー。


ラベンダー_R

というわけで、ラベンダー色で書いてみました。




続きましては、またまた嬉しいいただきもの!

2009071720290000_R.jpg

雪印パーラーの北海道限定バニラアイス!
ひゃ~、嬉しい!


あれ?でも良く見ると、雪印で作っていないのですね。
ロッテになっています

あの事件以後、こうなったのでしょうか。


まっ、どこで作っていようと北海道限定バニラ!
これは嬉しい夏の贈り物、です。


これらが同じ日に届いて、ただいま賑やかな我が家です。



スポンサーサイト

気分は南仏
2009年07月30日 (木) | 編集 |
ラッキーにも日差しのそれほど強くないとある休日に
南仏にいるような気分でLUNCHしてきました。

2009072011320000_R.jpg

お料理はパスタ系なのですが、お店の雰囲気は南仏系?
イタリアには残念ながら行ったことがないので
イタリアの田舎にもこんな雰囲気があるのかもしれませんが(^^;

2009072011330000_R.jpg

住宅街に突如として現れるこのお店は、隙なく凝っています。
とても落ち着ける内装と、お庭の眺めなんです。

mano_R.jpg

写真が下手です・・・
お庭には古い自転車やジョウロが置かれていたりして、
ガーデニングを楽しんでますといった雰囲気が伝わってくるんです。
庭の隅にはラベンダーも咲いていて・・・
それを摘んだものでしょうか・・・・ 洗面所脇のラベンダー、いい香りがしました。

2009072015250002_R.jpg

お店のテーブルには、足踏みミシンが使われたりしています。
モノトーンに統一されて、南仏の小さなホテルか
オシャレできれい好きな方のお宅にお邪魔したかのように落ち着けます。

→ la mano (大宮市)


2009072011470000_R.jpg

とうもろこしの冷製スープとサラダ、シュー生地のパン(名前を忘れました・・・)


2009072012060000_R.jpg

3種類のパスタから選択したのは、自家製のラザニア。
野菜がたっぷりでびっくり! ヘルシー♪
優しい味でした。

2009072012320000_R.jpg

魚貝のラビオリは、オレンジピールがいい香り。

2009072012510000_R.jpg

デザートとコーヒー(アメリカーノ)です。
(エスプレッソ、アメリカーノ、紅茶から選択可でした。)
コーヒーカップはみんな違う色で、かわいかったです(^^)

これで2100円、4時間近くおしゃべりしちゃいました~~♪


今回お店の予約をしてくれた、大きな車の運転もスイスイの
  日々楽楽のmegu4623ちゃん

足踏みミシンを知らなかった、若くてはにかみ屋さんの
  トキドキ主婦のtamacoちゃん


パスタの選択、飲み物の選択、3人一緒で、
私たちって食べ物の好みが合うのかしら


2009072015270000_R.jpg


はぁ~、こんなおうちに暮らしたい・・・ メイド付きで。
しかも南仏かスイスで。。。 終始うっとり・現実逃避の休日でした。

meguちゃん、tamacoちゃん、ありがとうございました。



la mano (カフェ / 七里)




2009 初夏の札幌出張 -3-
2009年07月28日 (火) | 編集 |
2009071114340000_R.jpg

今回の札幌出張の目的は子会社主催のゴルフコンペ。
お手伝いのための出張です(^^)

2009071114320001_R.jpg


前日の遅くまでの雨で芝はところどころ濡れていましたが
このゴルフ場にしてはとっても珍しく無風。
かなり曇っているように見えますが、コレはガラス越しの画像。
ホントはもっと明るかったですが、太陽も出ず、涼しく、
最高のゴルフ日和でした♪


11時から総勢55名を「いってらっしゃ~い!」と写真撮影して送り出し、
受付&裏方の私たち3名はしばしの休憩---LUNCHです。

2009071112120000_R.jpg

吹き抜けのレストランは広くて気持ちがいいです。
北海道では18Hスループレーなので、
正午には既に上がってお昼を食べる人が結構います。

2009071112180000_R.jpg

このゴルフ場の名物『鉄火丼』~寿司飯で!

とろける中トロ! すご~くおいしくて大満足!
こんなに中トロが乗って1,200円は安い! 
自腹でもいいからこれだけ食べに行きたいくらいです(^^)

2009071114330000_R.jpg

休憩スペースには、ウッズの子供時代なんていう置物が。

数年前3年連続でサンクロレラクラシックの会場となったこのゴルフ場は
今年で15周年だそうです。


このあとは、怒涛の景品準備!
あちこちから協賛をもらったため、景品の数&種類が多くて
テーブルの上に並べるのが大変な肉体労働でした。
そして3時過ぎからは徐々に上がってくるお客さんのお出迎え。
「おかえりなさ~い!」「お疲れ様でした~!」

2009071110410000_R.jpg


5時くらいから表彰式&会食。(私たち裏方は、景品の授与にて食事なし!)
終了は6時過ぎ。 ヘトヘトに疲れました


札幌市街へ戻る道々、まっすぐな北海道らしい道路と干草ロールの風景。

2009071117570000_R.jpg


夜はススキノへ繰り出す予定でしたが、おなかが空いておなかが空いて・・・
札幌市街へ戻る途中、我慢できなくなった私たちはラーメン屋さんへ。

2009071118250000_R.jpg

今回一緒に裏方をやったラーメン好きのプロゴルファーのS氏。
運転しながらラーメン屋さんを決めてくれました。『月見軒』
今年は賞金を稼いでいるからと、ご馳走してくれました

2009071118290000_R.jpg

札幌味噌ラーメン!
おしゃべりに夢中で「ネギ抜き」と言い忘れ、プロにもらってもらいました(笑)
まだ丼に少し残ってます。。。

卵麺かな。硬めでおいしい!
それから、とにかくスープがまろやかでおいしかったです!

プロ、ご馳走様でした!!!


というわけでおなかも一杯になり、あまりの疲労に夜のススキノを急きょキャンセル。
札幌出張して初めてススキノへ行かない夜でした(^^;


続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ




ほたる -2-
2009年07月27日 (月) | 編集 |
フォーシーズンズにて「ほたるの夕べ」の続きです。
ブッフェの夕食のあとは、広いお庭をお散歩。


FSも椿山荘もほたるの夕べ、のイベント中でしたから
ホタル目当ての人がたくさんお散歩してました!
老若男女・・・ホントにたくさん!! ベビーカーもあちこちに・・・

2009070421290001_R.jpg

ホタルを見るために、照明はかなり落としてあります。
じ~っと見ているとホタルが光ったり飛んだりしています。

数は多くはなかったけれど、蛍光緑色の光を見ることができました。(^-^)
ふわ~っと緑色が飛ぶと「わ~」と歓声が上がります。賑やかでした。


お庭の一番奥の三重塔です。

三重塔_R

ライトアップで刻々と色を変えていきます。

茂みの中で何かが動きました・・・・・
暗くてよく分からなかったけど、タヌキ・・・?
都内には割りと生息しているのですよね。


椿山荘は、言わずと知れた山縣有朋の別荘あと。
ふるさと・山口の花、椿を愛し、椿山荘と名づけたそうで・・・


でも私、長州嫌いなんです。(^^;
日本人特有(?)の判官びいきで新選組ファンなものですから。


都内にいることをちょっと忘れることができると思ったら意外に人が多くて、
さすがに都内、イベント好きが多いなぁ~と苦笑した夜となりました。


 

愛する『うちわ祭り」』
2009年07月24日 (金) | 編集 |
私の生まれ育った街には、大きなお祭りがあります。

『うちわ祭り』です。(毎年7月20~22日)


名前の由来等、詳しいことはこちら


生まれたときからこのお祭りに慣れ親しんでいるので
毎年この季節になると、里帰りしないわけにはいきません

2009072018190000_R.jpg

最近この街は暑いことですっかり全国的に有名になりましたが、
駅には、こんなスプリンクラーがたくさん設置されていて、
頭上からミストが絶え間なく噴射していますから
ほんのちょっとだけ、涼をとることができます。
うん、ちょっと嬉しい!



うちわ祭りでは5台の山車、7台の屋台が
勇壮に、賑やかなお囃子とともに街を練り歩きます。

私が生まれ育った地区には大きな山車があり、
今でも一目散に脇目も振らずその山車のところへ。

山車の前には太い綱が2本あり(20~30mくらいあるでしょうか?)、
それをみんなで引っ張るのです。

2009072018510001_R.jpg

これは、山車特有のお二階とお人形を仕舞っているスタイル。
街中は電線がまだ多く残っているため、普通はこのスタイルで街中を回ります。


2009072019390000_R.jpg

叩き合いやお披露目のときはお二階(ホントはなんて言うのかな?)とお人形が出て、
それはそれは立派です。(^^)v

これは夜の叩き合い、左は本壱弐(本町1、2丁目)の山車です。
ともに後ろ姿ですが、この2台は色合いがちょっと似ています。


2009072019320001_R.jpg

お二階とお人形~~日本武尊~~を出すとこんなに立派です。
見上げているので、ちょっとお人形が見ずらいですが
子供の頃は、このお人形が怖くて怖くて見上げることができませんでした。(^^;


image0002_R.jpg

今年は8年に1度の年番町。
なんとなく胸を張りたくなる気がします。(笑)
12地区ありますが、年番は8地区で持ち回り。
年番の年は相当お金がかかるそうですから、4地区は辞退しているのかな?

年番のため、山車をだいぶキレイにして、法被なども一新したそうなんです。
そういえば、山車もあちこち昨年とは違います。

よ~く見ると、同級生や先輩後輩の顔がちらほら。
みんな年をとりましたね~。
見知った近所のおじさんもいます。


私が子供の頃、この地区では女子はお囃子に加われず
もちろん、他の地区に住む人も受け入れない意外とお堅い地区でした。

が、少子化の影響で今ではもちろん女の子も、
そして、駅南口の限られた地区のお子さんも受け入れているそうです。

(うちわ祭りでは山車や屋台のない地区の子供は、基本的にお囃子に加われません。
でも寄付という形でその地区にお金を提供すると、他地区に住む子供でも
お囃子に加えてくれる地区はあります……


外部の方々に一番人気があるのは
歴史のある本三四(本町3、4丁目)地区でしょう。渋いです。


私は私の生まれ育った地区の山車とお囃子が大好きなので、
もちろん他の地区の山車を引っぱった経験はありません。
引っ張りたいとも思わなかったし、
今でもなんとなくそれはタブーな気がしてしまうのです・・・・
子供の頃は同級生もたくさんあちこちのお囃子に加わっていましたから、
他の地区の山車を引くなんて文句を言われるようなことでした。
子供でしたね~。


山車-2_R

これは昨年初日の叩き合いの画像です。
駅を背に、山車5台を中心にしてその脇に屋台が7台並んでいるのです。
今年は私の地区が年番ですから中心にいましたが、
まん前で夢中になって見ていたので
集合写真をすっかり撮り忘れました・・・



子供の頃は、うちわ祭りに堺正章が来て山車の前に座り、
TBSで生中継なんてこともありました。

暑い街で有名になるだけではなく、
このお祭りが全国的にもっともっと有名になることを毎年祈っています。


また来年、お会いしましょう~♪



2009 初夏の札幌出張 -2-
2009年07月22日 (水) | 編集 |
札幌出張初日の夜は、屋外バーベキューの予定でした。
霧雨が夕方まで降り続き、BBQ反対派は大喜び。(^^)
私もその1人です、だって、準備&片づけをやらされるのは明らかなので・・・


ところが、25名ほどの飲み会を直前で予約できるわけもなく
5時過ぎに雨がやんだので急きょBBQ決行となりました

2009071018250000_R.jpg

会社所有のマンションの屋上からは、すぐ近くに教会が見えます。
カラリ床のように水はけの良い屋上で、6時過ぎから準備に取り掛かりました。

この屋上ではよくBBQをするため、
テーブルや椅子、ジンギスカン鍋などの備品の用意は万端なのです!


BBQ

右側の男性は炭起し中です。(実はプロゴルファー2人・・・)
女性スタッフは野菜切り。



そして

2009071019370000_R.jpg

ジンギスカンです~~
手前のおむすびは、社長のママのお手製。
たくさん差し入れてくれました。
人の作ってくれたおむすびってなんておいしいんでしょう


準備も、このあとの片付けも大変だったけど、
さすが北海道! ラムがおいしかったです


こうして、慌しい札幌の1日目が無事終了。
ホテルまでは車で送ってもらい、明日に備えておやすみなさ~い Zzzzz

---------------------------------------------------------------

朝は、昨晩のジンギスカンのせいで胃もたれ。
いつもの和定食はやめて、ロビー階にて初めての朝食。

200907110828000_R.jpg

ハーフブッフェで、卵料理は出来たてを持ってきてくれます。
プレーンオムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼きからの選択です。

200907110809000_R.jpg

200907110813000_R.jpg

JRタワーの朝食会場は3会場あり、あとの2つは35階!
ロビー階のこのお店は、とっても空いていました(^^;


200907110817000_R.jpg

スクランブルエッグにしました。
ソーセージとベーコンがついて、しっかり目の朝食になりました。


お部屋で着替えて、お迎えの車待ち。

そして、イベント会場へ

ここからが、今回の出張の目玉! 本番です(^O^)
 


続く

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ




ほたる -1-
2009年07月21日 (火) | 編集 |
フォーシーズンズホテルから案内メールが来て・・・

2009070423050000_R.jpg

ウィークエンドブッフェに行ってきました。


目白のフォーシーズンズへ行くと、
椿山荘でも同じような「ほたるの夕べディナーバイキング」などというイベントをやっていて、
予約時間に遅れた私たち夫婦は焦ってこちらへ行ってしまいました


ご親切にも、「ご予約はフォーシーズンズホテルの方でございます」と言って
椿山荘の方が正しい会場までご案内してくれて、無事到着!
最後のチェックイン客だったようです(^^;


小さめな宴会場がその会場となっていて、
小さなお子さん連れの3世代DINNERというグループが多く賑やか。

2009070420270001_R.jpg

フリードリンクだったけど、車なのでグレープフルーツジュースにしました。


2009070421110001_R.jpg

カトラリー類はすべてFSのロゴマーク入り。
美しいです(^^)


2009070420320000_R.jpg

2009070420450000_R.jpg

2009070420590000_R.jpg

2009070421110000_R.jpg

前菜からデザートまで、和洋中、より取り見取り。
フォアグラやオマールエビ、鱧・・・
高級食材が少しずつ使われています。
元が取れてない気分だけど、おなか一杯になっちゃいました。


あっ、一番のメインはこちら↓

2009070420450001_R.jpg

特製サーフ&ターフ丼!
和牛サーロインステーキ、あわび、伊勢エビです。

片手にちょこんと乗る程度の小さい丼ですが
サーロインステーキは霜降り!
アワビはバター焼きかなぁ、柔らかくておいし~♪
伊勢エビは、チリソースで濃い目。

お好みで、海苔、ミョウガ、白髪ネギを乗せてくれます。
盛りだくさんの、贅沢な丼でした。


ちょっと背筋の伸びるDINNERブッフェでした。


『ほたる』については、続きで・・・





2009 初夏の札幌出張 -1-
2009年07月17日 (金) | 編集 |
先日札幌へ出張してきました。
週末がらみの2泊3日・・・・
土曜日に子会社がイベントを企画していて
その受付やら裏方のお手伝いのため。

昨年12月以来の札幌です。


この季節に短期間でも東京を脱出できるのは嬉しいこと!
札幌はやっぱりすがすがしい・・・どころか寒いくらいでした。

札幌着の日は雨。
このところ年に3~4回は札幌に行っていますが、雨に遭うのは珍しいです。
雪はありますけど、雨は2回目くらいかも?!

2009071013300000_R.jpg

雨の大通公園は、ビアガーデンの準備工事中でした。

会社のメンバーとLUNCHをし、大通公園に面したこのお店へ。

2009071013300002_R.jpg

『花畑牧場』大通店。
12月には確かなかったと思うのですけど、このお店。
サラリーマン(多分出張者)が続々と店内へ入っていきます。

2009071013360000_R.jpg

生キャラメル、もはや品薄じゃないんですね?!
こんなにたくさん売っていてビックリ!
母が食べてみたいと言うので、たくさん買って送りました。

宮崎マンゴーや、ハスカップなどもありました。
ちょっと前までは、普通・ホワイト・チョコの3種類しかなかった気がするのですけど(^^;


3時にホテルへチェックイン。
今回も交通の便利な駅直結のこちらにお世話になりました。

2009071210530000_R.jpg

エレベーターホールでは、季節ごとに異なるポプリが目と鼻を楽しませてくれます。
今回はラベンダーでした。
ホテル内の売店で販売もしています。

2009071209560000_R.jpg


お部屋は、今回はとっても狭いお部屋でした。
いつもと同じように予約したけれど、よほど混んでいたのだと思います。
ラベンダーの季節ですからね。
外国人(アジア系)もたくさん宿泊していました。

2009071015200000_R.jpg

シックな色調の落ち着くお部屋は27階。

ポプラ

お部屋から北大のポプラ並木も見えました。(^^)
携帯画像なので小さいですが・・・・


お部屋で明日の準備(スカートのアイロンかけ・・・)をちょっとだけして、
夕方地下鉄で子会社へ。
子会社の面々と懇親会の予定があったので。。。
霧雨が降り続く札幌。 屋外で予定している懇親会はどうなることやら。



続く


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



うなぎLUNCH
2009年07月16日 (木) | 編集 |
もうすぐ土用の丑の日。
ニュースでもたくさん取り上げられるので
この季節にはやっぱり鰻が食べたくなります。(^^)


そこで、一足お先に、前から気になっていたお店へ行ってみることにしました。


浦和・満寿屋です。

車で前を通るたびに「坂東太郎」の文字が気になっていました。

2009070412240001_R.jpg

店内には、限定○○食とあったので(10食だったかなぁ~)
お店の方に聞いてみると「はい、ありますよ!」とにっこり(^^)
坂東太郎を注文しました。


待つことしばし・・・・

そうですねぇ、15分~20分くらいは待ったと思います。

2009070412490000_R.jpg

立派なお重で登場しました。
うきうき!

2009070412490001_R.jpg

おいしかったです。


でも、期待しすぎたのでしょうか、私たち。
まぁ、普通・・・・?!

タレは濃すぎずさっぱり目で少な目。
最後まで飽きることなくおいしくいただけました。
けど、う~ん、「すごく!!」というほどでもないかなぁ。
でも皮は薄かったし、柔らかかったし、やっぱりとってもおいしいかったかも!(^^)


あっ、でもこの作り置きのサラダはいけません!
全然おいしくありません。パサついちゃってるし・・・
和食なのだから、例えば切り干し大根の煮たのとか、卯の花(おから)とか、
そういう和惣菜がちょっとついたほうが嬉しいなぁ~と思いました。



このお店、車通りの多い道に面した入り口からは想像できないほど奥が広いんです。
まさに鰻の寝床?!

2009070413080000_R.jpg

2009070413090000_R.jpg

2009070413090001_R.jpg

2009070413090002_R.jpg

2名から30名くらい(?)まで利用できる個室がたくさん奥にあるんです。
純和風な感じのしつらえで、歴史を感じます。
是非お2人でも個室をご予約ください(^^)と言っていただきました。


このお店、坂東太郎のほかに、「天然鰻」というのがありました。
お会計のときに聞いたら、やっぱりいつもあるわけじゃないそうで
電話で確認して、入荷していれば取り置きしてからのご来店を!とのこと。



浦和は言わずと知れた・・・?鰻の名所。
老舗名店がたくさんあるんです。
以前は「小島屋」にはまり相当行きましたけど、最近は・・・?


自分にぴったりのおいしい鰻を求めて、
夏ばて防止も兼ねて、あちこち食べ歩いてみたいと思います。





会社では毎年この季節に鰻ランチをします。
注文をしておいて、取りに行って会社で食べるのですけどね。

それは毎年、神田の老舗としてテレビにも出る「きくかわ」の鰻です。
今年はいつかな~。
楽しみです(^^)






ジンジャー・レモネード
2009年07月14日 (火) | 編集 |
蒸し暑い日が続いています。
梅雨明けもしないうちから既にバテています。
暑いのは苦手です・・・


暑いときはついつい冷たい飲み物に手が伸びます。
身体にはよくないと分かりつつも・・・・

そしたら、先日、GOODな飲み物と出会いました!
『ジンジャー・レモネード』です。

いつもお世話になっているハーブティのヴェーダヴィショップでは
ハーブティや季節の飲み物を試飲させてくれます。
先日、夏ばて防止のこのジンジャー・レモネードをいただき、はまってしまいました。

酸っぱくて、生姜がピリッと効いて、蜂蜜の甘さが優しいドリンクです。

2009070119240000_R.jpg

用意するものは、
*レモン(レモン果汁でOK!)
*蜂蜜
*ジンジャーシロップ


分量は・・・
*レモン汁 大さじ2
*蜂蜜   大さじ1
*ジンジャーシロップ  大さじ2
*お水  300cc


まずは蜂蜜をお湯に溶かし、そのあとで上記を混ぜます。
蜂蜜が大目だと甘くて更においしいけど、カロリーも気になるのでお好みで。。。

蜂蜜は、ハーブのオレンジなどがとってもよく合います


これを冷蔵庫で冷やして飲むとと~~ってもおいしい!
冷たい飲み物ですっきりするけど、ジンジャーが入っているので
身体は段々ぽかぽかしてきます。


このジンジャーシロップはとっても優れものです!

トロっとしたテクスチャーで、生姜度がすごく高いのです。
ただかなり甘みが強いので、量を気をつけないと甘すぎてしまいます。


冬には、ホットミルクに溶かして飲むのがお気に入りでした。
寝る前の温かい一杯は、気持ちもホッとさせてくれます。

でも、夏の間はお休みかな、と思っていたら
こんなにおいしいサマードリンクを紹介してもらって
あまりのおいしさにレシピを教わり、今では冷蔵庫で冷やして毎日飲んでいます。


レモネードがお嫌いでなかったら、ぜひぜひオススメしたい夏の逸品です(^^)





このヴェーダヴィのジンジャーシロップ、
先日、松嶋菜々子さんのご紹介で雑誌に出たそうで・・・
ショップの方たちが驚いていました。
ヴェーダヴィには何の連絡もなく、雑誌に掲載されたそうなのです。
そういうものなのでしょうか。

その後は、お客様が「私も菜々子になれるかしら?」って
買いにいらっしゃることもあるんだとか。(^^;


実は昨年、内容とパッケージが変わりました。
以前のものよりとろみがゆるくなり、甘みが強くなりました。
個人的には、以前のものの方が好きでしたが、
とろみがゆるくなった分、水にも溶けるようになったんだそうで、
使い勝手は良くなったんですよ、というのはお店の方の弁。
冬には風邪予防で品切れにもなってしまうほどの人気の商品なのです。






コン・リー 備忘録-3-
2009年07月13日 (月) | 編集 |
私がコン・リー作品で一番好きな映画は 『たまゆらの女』 です。

「きれいなおかあさん」を撮った孫周監督との再びのコンビ作品です。 


2009062115530000_R.jpg

原題は『周魚的火車』~~周魚の汽車~~
周魚というのが、コン・リーの役名で、愛する人に会いに行くために
何時間も電車に揺られているシーンが印象的な映画です。


相手役は、最初はトニー・レオンがオファーを受けたそうですが
張芸謀作品『HERO』のために断り、レオン・カーファイになったそうです。


トニーファンですが、これはレオン・カーファイでよかったと思います。(^^)
無欲っぽい詩人の役は、トニーよりレオン・カーファイの方が合ってると思いました。


映画館で2週続けて見て、まだ見たくてDVDを買っちゃいました。
切なくて切なくて、揺れ動く女心が良く表れていて
何度も胸がきゅんとなります。
              

その中に出てくる象徴的な詩が大好きです。
「我的仙湖」という原題です。
中国語によくある「的」というのは所有の意味を表します。
私の湖。。。ってところかな。


和訳はいろいろあって、でも、この和訳が好きです。


わが天空の湖

あなたの心に届けたいのに
時にか細く消えゆく私の声
細くしなやかな氷のかけらを
そっとなでる優しいそよ風のように
天空の湖が
心惑わす青磁色に輝いて
あなたの肌のように柔らかく
私の手のなかで溶けていく

わが天空の湖を満たすあのひとの姿
ただあなただけが 溢れるほどに満ちている



この映画のコン・リーはとても美しく、とても切なく、色気があって
監督との関係を詮索されたほど・・・?!

でも、レオン・カーファイもスン・ホンレイ(孫紅雷)もいい味出してました。(^^)




いつかきちんとコン・リーのことを何かにまとめておきたいと思っていたので
ちょっと脱力。 気持ちいい疲労です。

近いうちにDVDを見ようかな。



備忘録・終


2007 BALIのこと ウブド編
2009年07月10日 (金) | 編集 |
バリに来たからには、やっぱりウブドへ行ってみないと!


タクシーを1日チャーターして、ウブドへ。


高原リゾートと聞いていたけど、
軽井沢みたいって聞いていたけど、
私にはイマイチなウブドでした。 
なにしろ暑くて暑くて・・・蒸し暑くて・・・
たまたまそんな日だったのでしょうけど、東京と変わらない蒸し暑さに辟易。


ウブドには、流しのタクシーはないというので
ホテルからタクシーを1日チャーターしました。

街SPAに行ったときに知り合った運転手さんです。
バリのタクシーの運転手さんは営業熱心。。。
「明日どこ行く?」「観光どこ行きたい?」と、片言ながら
日本語で聞いてきます。 
理解するのが難しかったりします・・・・ ごめんなさい!

そして、チャーターするなら電話して!って頼まれて、
ウブドに行く日はお願いしちゃいました。
楽しくて営業熱心、イスラム教徒の運転手さんでした。
(お昼ご飯食べてってチップを渡したのですが、
ラマダン中だから食べないから、って。。。。
イスラムでは当たり前のことだから、辛くないって言ってました・・・)


ウブドでは予約していたSPAへ。

バイスロイ・バリという高級リゾートです。

PA100044_R.jpg

SPAだけの利用が惜しいくらいのすばらしいホテルでした。
周りはウブドらしい景色です。

PA100040_R.jpg

プールサイドに立っていますが
11部屋しかないのにものすごい広い敷地。

宿泊客を見かけることはありませんでした。


SPAは・・・ もちろん素晴らしかったです!

バイスロイ SPAエントランス_R

これがSPAのエントランスです。

OPENな施設での施術。
時折風が優しく吹きぬけて、気持ちかいい!
隣でオットが寝息を立てています。。。。。


階下に降りていくとジャグジーと更衣室があり、
施術後はそこでの~~んびり。

私たち以外のお客さんにはまったく会わず、
貸切感覚で気持ちいいというより、高級リゾート過ぎてちょっと緊張!(^^;

バイスロイ SPA_R

エントランスの右手はこんな風なリラックススペース。
高所恐怖症の人はちょっと怖いかな。。。
陽が出てくると暑いです。



SPAのあとはタクシーでLUNCH。

フォーシーズンズ・サヤンを見てみたいという思いから
サヤンへやってきました。

サヤン入り口_R


タクシーを降りて、谷に架けられた橋を渡ります。
こういう光景がウブドらしいのかな、と思いました。


サヤン ロビー_R

入り口からOPENな螺旋階段を下りたところがロビーになっていて
開放的で気持ちがいいです。

海のリゾートとは全く違ったよさを感じました。
ここも、ジンバランに負けず劣らずすばらしいリゾートでした。


OPENな「アユンテラス」でLUNCHをしました。

PA100048_R.jpg


木々が生い茂り、高原リゾートというより、ジャングルリゾートみたいです。
でも、おかげで涼しくランチができました。


ウブドの市場を見たり、メインストリートでショップを物色しましたが
あまりに暑くて早々にジンバランに戻ってきてしまいました。


ホテルから程近い、バリの有名な陶器屋さん、ジェンガラケラミックへ。

バリにいることを忘れる清潔感ある店内。
置いてある陶器はアジアっぽいものが多いのですが
色もさまざま、形も大きさもさまざま。
とっても楽しめます!

でも、陶器だから、重い!かさばる!
なので、少しだけお買物しました。
今でも大切に使っています。


こんなウブドの1日は、暑かったことが一番の印象だけど
バイスロイもFSサヤンも、とにかくいいホテルでした。



最後の日にもう一度ウブドへ行きます・・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




フルーツ酢
2009年07月08日 (水) | 編集 |
体に良くて簡単に作れるフルーツ酢。


ブルーベリーでもリンゴでも、冷凍したものを酢に漬けると
簡単にフルーツ酢ができると聞いて試してみたけれど、やっぱり酸っぱ~~~い


で、やっぱり市販品に走っているわけで(^^;

2009062422370000_R.jpg

最近、セゾンファクトリーのお店がとっても増えたと思います。
あちこちのデパ地下や、ショッピングモールで見かけます。


できれば酸っぱさの少ないものが飲みやすく、
一番のお気に入りは「白桃!」---期間限定!


今はそれが売っていないので、試飲させてもらった結果
マンゴーとパインが飲みやすいのでしばらくこれを続けようかな、と思っています。



ただ、問題は価格!

ちょっと高い。。。。。


コン・リー 備忘録-2-
2009年07月06日 (月) | 編集 |
コン・リー備忘録の続きです。


できるだけパンフレットを買うようにしてきたつもりですが
買わなかったものも意外に多く・・・・



『テラコッタ・ウォリア 秦俑』
  これは映画というより、なんていうのかな、
  静止画の連続・・・ 張芸謀と競演
  俳優・張芸謀・・・実は結構好きです。『古井戸』に出ています。

『さらば、わが愛 覇王別姫』
  亡くなったレスリー・チャンの代表作だと思います。
  レスリーの演技が光ります、泣けます・・・重いです。
  正直、コン・リーの役は微妙・・・
  余力のあるときにもう一度見たい映画です。

『始皇帝暗殺』
  内容はあんまり覚えていませんが(^^;
  コン・リーの迫力ある演技、衣装の美しさに圧倒された気がします。
  ただ、始皇帝時代にあんなすごい衣装があったのか?と
  歴史モノの映画を見るといつも引いてしまいます。

『きれいなおかあさん』
  母役になりきるために役作りで確か10kg太ったような覚えがあります。
  数々の主演女優賞を受賞しただけあって、とってもいい泣ける映画で、
  今までと違ったコン・リーを見られました。

『2046』
  キムタクが出たことで話題になった映画・・・・
  トニー・レオンが主演で「花様年華」の続編というふれこみがなければ見なかったかも(^^;
  コン・リーの圧倒的な存在感を感じたけれど、映画自体はちょっとひどい・・・(^^;

『愛の神、エロス』
  3本の短編映画のオムニバス。
  コン・リーの色っぽさはすごい!魅力的過ぎます。引き込まれました。

『SAYURI』
  桃井かおりが出るので話題にはなったけど、内容はイマイチ。
  ただ、コン・リーの演技だけがハリウッドでも評価されていた記憶があります。



2009062115520000_R.jpg

『上海ルージュ』で公私にわたる関係を清算したコン・リーと張芸謀。
結婚できないと告げられインタビューで泣き伏したコン・リーも今では社長夫人。


ゆっくりと役を選んで映画に出ると言っていて、
10年ぶりに張芸謀とのコンビが復活して話題になった『王妃の紋章』

残念ながら機会を逸して観ることができませんでした。。。


最近、歴史大作の多い張芸謀ですが
本当は、昔の人間臭い映画が好きだったんです・・・
そういう映画でまたコン・リーとコンビを組むことを期待します。(^^)


しつこく続きます・・・





コン・リーの出ていない中国映画も結構見ています。
そのきっかけは・・・

大学の第2外国語に中国語を選択し、中国語を勉強したから。
その後、講義でも中国現代史を履修し、
その講義の中でも中国映画を見ました。
(「黄色い大地」とか「古井戸」とか・・・暗っ!)

その後専門学校に行って中国語を更に勉強し、
一時はそうとう中国にハマっていた時期がありました。
北京へちょっとだけ留学し、
このまま北京に定住しちゃおうかと思ったこともありました。(^^;


今はその熱はもちろん落ち着きましたけど
映画はいまだに中国映画が好きなのです。。。



2007 BALIのこと SPA編
2009年07月03日 (金) | 編集 |
バリでの楽しみはSPA。

一度だけ「街SPA」へ行きました。

なにしろ安い!

でも、オットいわく、使ってるオイルが安いと思う、
なんて、ツウぶって言っています。(^^;


送迎&90分の全身マッサージで3000円程度。

私は体のマッサージは苦手なので、フェイシャル。


この値段ならいいんじゃないかと!
だって、ホテルSPAは、日本でお願いするのと同じくらい高いので
せっかくバリに来たなら、質より量重視(^^)
何回でも、足も背中も顔もお願いできちゃいます。


この辺は画像が全くありません。。。。

PA070006_R.jpg

SPAから戻ると、お部屋のプールにドボンっ!
外はやっぱり暑くて、プールがとっても気持ちいいです。

泳げるほどの広さじゃないけど、裸で泳いでも大丈夫なので
とっても楽しいです。

プールの前のわらぶき屋根は、別のヴィラなので、混雑時はさすがに裸は危険ですけど。。
私たちが旅行した時期は、空いてましたね~、だから大丈夫(^^)v

海に向かって坂になっているので、見掛けほどは近くないお向かいのヴィラです。



そして、ちょっとお高いホテル内のSPAは2回利用しました。

フォーシーズンズ・ジンバランはとっても敷地が広くて
お部屋からSPAまでは、ちょっと距離があります。

FSスパ


フロントを抜けて、車道(ホテル内)を渡り、
ジムとテニスコートの脇を抜けて、海から一番遠い高台にあります。


テニスコート・・・

誰もやってる人はいませんでした。
暑いし日差しは強いし、利用者はいるのでしょうか。。。


SPAは、街SPAと違ってやっぱりすご~く落ち着ける空間。

3_dsc_5833_R.jpg

SPAの入り口を入ったところにある待合室です。
落ち着いた雰囲気で、アジアっぽさ、バリっぽさが溢れていました。


フェイシャルとクリームバスを1回ずつ。
やっぱり街SPAとは違うなぁ~。



baliのアロマ

オリジナルのオイルやローションなど、たくさん買い込んじゃいました!
と~~っても、いい香りで幸せ!


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




フルーツキュッ茶&キュッ茶
2009年07月01日 (水) | 編集 |
数年前から愛飲しているハーブティ。

少なくとも月に一度はデパートのハーブティ売り場
『ヴェーダヴィ』へ行ってあれこれと悩みます。


冬は風邪予防にジンジャーやマロウの入った『冬の便り』をたくさん飲みました。
そして、夏に向けて・・・

2009062607180001_R.jpg

2009062607190000_R.jpg

マンゴーの香りでおいしく飲めるフルーツキュッ茶(ティ)と
効能重視、味は二の次(?)なキュッ茶(ティ)をブレンドしてもらいました。
(この袋を二つ買ったので、500g超・・・)

対比は3:2


フルーツキュッ茶は、と~~ってもおいしい!
甘い香りと赤い色がリラックスさせてくれて冷やしてもGOOD!
蜂蜜を多めに入れて甘くして飲むのがBEST!
入れないと、ハイビスカスがちょっと酸っぱいので。

キュッ茶は・・・ 味は正直いまいち。(^^;
でも、おいしくないと続かないので、
フルーツキュッ茶を多めにブレンドしてもらいました。


蜂蜜もだいぶ在庫(?)が減ってきたので
ラベンダーとオレンジのものを購入してきました。
香りが良くて幸せな気分になります(^^)


ハーブティの保存用に、フリーザーバッグをいただきました。
ヴェーダヴィのロゴ入り、バラの写真入リ。
こういうプレゼント、とっても好きなんです~♪


夏に向けて、むくみや冷房対策に、このキュッ茶ブレンドを楽しみたいと思います♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。