遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛する『うちわ祭り」』
2009年07月24日 (金) | 編集 |
私の生まれ育った街には、大きなお祭りがあります。

『うちわ祭り』です。(毎年7月20~22日)


名前の由来等、詳しいことはこちら


生まれたときからこのお祭りに慣れ親しんでいるので
毎年この季節になると、里帰りしないわけにはいきません

2009072018190000_R.jpg

最近この街は暑いことですっかり全国的に有名になりましたが、
駅には、こんなスプリンクラーがたくさん設置されていて、
頭上からミストが絶え間なく噴射していますから
ほんのちょっとだけ、涼をとることができます。
うん、ちょっと嬉しい!



うちわ祭りでは5台の山車、7台の屋台が
勇壮に、賑やかなお囃子とともに街を練り歩きます。

私が生まれ育った地区には大きな山車があり、
今でも一目散に脇目も振らずその山車のところへ。

山車の前には太い綱が2本あり(20~30mくらいあるでしょうか?)、
それをみんなで引っ張るのです。

2009072018510001_R.jpg

これは、山車特有のお二階とお人形を仕舞っているスタイル。
街中は電線がまだ多く残っているため、普通はこのスタイルで街中を回ります。


2009072019390000_R.jpg

叩き合いやお披露目のときはお二階(ホントはなんて言うのかな?)とお人形が出て、
それはそれは立派です。(^^)v

これは夜の叩き合い、左は本壱弐(本町1、2丁目)の山車です。
ともに後ろ姿ですが、この2台は色合いがちょっと似ています。


2009072019320001_R.jpg

お二階とお人形~~日本武尊~~を出すとこんなに立派です。
見上げているので、ちょっとお人形が見ずらいですが
子供の頃は、このお人形が怖くて怖くて見上げることができませんでした。(^^;


image0002_R.jpg

今年は8年に1度の年番町。
なんとなく胸を張りたくなる気がします。(笑)
12地区ありますが、年番は8地区で持ち回り。
年番の年は相当お金がかかるそうですから、4地区は辞退しているのかな?

年番のため、山車をだいぶキレイにして、法被なども一新したそうなんです。
そういえば、山車もあちこち昨年とは違います。

よ~く見ると、同級生や先輩後輩の顔がちらほら。
みんな年をとりましたね~。
見知った近所のおじさんもいます。


私が子供の頃、この地区では女子はお囃子に加われず
もちろん、他の地区に住む人も受け入れない意外とお堅い地区でした。

が、少子化の影響で今ではもちろん女の子も、
そして、駅南口の限られた地区のお子さんも受け入れているそうです。

(うちわ祭りでは山車や屋台のない地区の子供は、基本的にお囃子に加われません。
でも寄付という形でその地区にお金を提供すると、他地区に住む子供でも
お囃子に加えてくれる地区はあります……


外部の方々に一番人気があるのは
歴史のある本三四(本町3、4丁目)地区でしょう。渋いです。


私は私の生まれ育った地区の山車とお囃子が大好きなので、
もちろん他の地区の山車を引っぱった経験はありません。
引っ張りたいとも思わなかったし、
今でもなんとなくそれはタブーな気がしてしまうのです・・・・
子供の頃は同級生もたくさんあちこちのお囃子に加わっていましたから、
他の地区の山車を引くなんて文句を言われるようなことでした。
子供でしたね~。


山車-2_R

これは昨年初日の叩き合いの画像です。
駅を背に、山車5台を中心にしてその脇に屋台が7台並んでいるのです。
今年は私の地区が年番ですから中心にいましたが、
まん前で夢中になって見ていたので
集合写真をすっかり撮り忘れました・・・



子供の頃は、うちわ祭りに堺正章が来て山車の前に座り、
TBSで生中継なんてこともありました。

暑い街で有名になるだけではなく、
このお祭りが全国的にもっともっと有名になることを毎年祈っています。


また来年、お会いしましょう~♪


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。