遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


A to Z cafe
2009年08月31日 (月) | 編集 |
青山の美容院へ行く前の、恒例の腹ごなし。(^^)


この近所は飲食店--レストランもCafeもたくさんあって毎回楽しい♪

2009082717540000_R.jpg

今回は、AtoZ cafeへ行きました。
ここはビルの5階にあり、見晴らしが良くて気持ちがいいです。

店内はとても広くて分煙がされているのでGood!

2009082718000000_R.jpg

案内されたのはこんなお席。
アーチ状にくりぬかれた壁をくぐるとテーブルが3つ。
テーブルの間隔が広くて、落ち着ける空間です~。

イラストJ_R_R

私が着いたテーブルには、こんなかわいいイラストが。(^^)
店内には、ガラス張りの山小屋風(?)なアトリエもあり、
なんだか、小学校の図画工作室みたいな感じがしました。

でも、とても広いし席も多いので、
着いた席によって全然違う雰囲気を楽しめると思います。


アボカドとマグロの丼が有名なようですが、
この日はご飯の気分ではなく、オーソドックスなナポリタンなど頼んでしまいました(^^;
麺類が食べたかったのです。
ベーコン、たまねぎ、ピーマンたっぷりの喫茶店の味でした。

2009082718100000_R.jpg


そして、これもどうしても食べたかった黒糖ロール。

2009082718400000_R.jpg

ロールケーキの上にかけるパウダー、
ココアパウダーかシナモンか選べます。これはシナモンです。(^^)

スポンジはふんわり黒糖風味。大好きな小豆もいっぱい
おいしかったです~。
これにカプチーノ。 意外と合いました(^^)


広い店内、店員さんの干渉もなく、すごくのんびりしちゃいました。



はっ! 美容院の予約時間!! ちょっと急ぎ足となりました。



おまけ

AtoZのある通りはとっても思い出のあるところ。


k_R

15年近く前、当時はまだできて間もなかったこちらのお店で、
結婚生活のための家具を買い揃えました。
友人と青山をぶらぶらしていてたまたま見つけたお店でした。
その家具も、友人とお揃い~色違い(素材違い)なのです。
とても気に入っていて今でも大事に使っています。
ここへ来ると、当時のことがつい先日のことのように思い出されます。




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


スポンサーサイト

雪くま
2009年08月28日 (金) | 編集 |
『雪くま』を食べました。

雪くま・・・ カキ氷なのです。

日本一暑い街---我が故郷・熊谷が2006年に「あついぞ、熊谷!」事業を立ち上げ
その一環で生まれたご当地名物のカキ氷なんだとか・・・?! 


ふむ・・・これだけじゃ、全く意味が分からなかった私。
そもそも「あついぞ、熊谷!」って言葉自体、今年になって知ったもので。。。(^^;
(詳細は、もしよろしければ、こちらへ)


調べてみたら、

「熊谷のおいしい水から作った貫目氷を雪のようにふわふわに削り、
協賛店ごとにオリジナルのシロップを使用したかき氷です。」
とのこと。


そういえば子供の頃はうちにも井戸水があり、
熊谷はおいしいお水で有名だとかなんとか両親が言ってたような・・・


その熊谷のおいしいお水から作った氷を使うのが条件のようです。


■「雪くま」3つの条件
 1.熊谷のおいしい水を使った氷を使っていること
 2.氷の削り方に気を遣い、雪のようにふんわりした食感であること
 3.オリジナルのシロップや食材を使っていること


この条件を満たしたお店には、これも決まったのぼりが立てられるそうで。


初めて食べた「雪くま」はこちら。

ゆきくま

駅ビル内、萬里茶房のロイヤルミルクティです。

ウバ茶を使った紅茶に練乳がけ。甘~~い!

それにバニラアイス、チーズケーキと盛りだくさんで580円。安い!

確かにふんわりした氷は、口の中でしゅわっと融けて優しい口当たり。
おいしいです!


冷えちゃうと思って、温かいカフェオレも一緒に注文。
でも、ふんわりしたやさしいカキ氷なので、
身体が冷えすぎて唇真っ青なんてこともなく
最後までおいしくいただけました。

な~んて、故郷贔屓・・・? なわけではなく、
氷がじゃりじゃりしたカキ氷が苦手なもので
こういうふわっとしたカキ氷が常に食べられるのは嬉しいことです。


毎年加盟店が増え、今では20店舗ほどが、オリジナルのかき氷を提供しているようです。
今度里帰りした時には、違ったお店のものを食べてみようかなと思いました。


余談ですが、「雪くま」って命名はいかがなものでしょう。。。
甥っ子は、雪の熊? 食べちゃうの? 怖いよ。。。って言ってました。










夏のCafeめぐり
2009年08月27日 (木) | 編集 |
8月は半分以上が1人暮らしだったので
Cafeが好きでないオットの居ぬ間に、ちょこちょことCafeへ。

その中のいくつかを書き留めておきます。



まずは、長い改装期間が終わりようやくOPENしたこちらのお店。

2009073017330000_R.jpg

ラデュレ サロン・ド・テ 日本橋三越店です。


こちら、春のオープン予定が延びに延びて7月中旬オープン。
もとはフォートナムメイソンカフェのあった場所です。

フォートナムメイソンカフェ、イギリスっぽくて好きだったのですけど・・・
スコーンがおいしくって。
店内は何となくコロニアルな雰囲気。。。 さすがイギリス?!


こちらはそれとは打って変わってナポレオン三世様式だとか、
ルイ・フィリップ様式だとか、とにかくフランスです(^^)


200907301739001_R.jpg

パリのホテルのロビーのような、とってもシックな店内は青が基調で
明るい雰囲気ではなく、重厚な雰囲気です。
重厚な、青い、濃紺な雰囲気です。

(あれ?私の指が写ってる??)

そして、価格がお高い・・・


写真撮影禁止だそうで、画像はここまで。


ケーキ(ピスタチオのムースとイチゴの・・・)と
カフェ・クレーム(?)を注文して3000円弱。
でもこのカフェ・クレーム、おいしかったんです、とっても。

エスプレッソのような濃厚なコーヒーとミルクを
自分でブレンドさせるタイプのカフェオレでした。(^^)


ケーキは・・・
う~む、このお値段でこのお味ならリピートしなくても、って感じかな。
心なしか、お客さま方のおしゃべりの声も小さめ。。。
空いていたからかな。

ちょっと背筋の伸びる・・・落ち着かない(?)Cafeタイムでしたけど
なんだかあの青い雰囲気にまた飲みこまれてみたいような気もします。(^^)
気分がブルーな時はダメですね、更にブルーに拍車がかかりそうなので。




お次は新宿です。
仕事帰りの、そしてお買物帰りにのんびり。


2009080519130000_R.jpg

駅近で、これだけ喧騒から逃れられる喫茶店も珍しいかも。

新宿駅東口 凡 です。


閉店してしまった秋葉原駅隣接の古炉奈に通じるものがあるかも。。。


200908051910000_R.jpg

なが~いカウンター席は禁煙。
その後ろの大きなテーブル席は喫煙、といったちょっと中途半端な分煙。
タバコが苦手なので、残念ながら喫煙される方がいると落ち着かないかな。


200908051854000_R.jpg

いつもの携帯とは別の携帯で撮影。
こっちの携帯の方が音が小さいのだけど、画像は悪い・・・残念!


コーヒーではなく、みるくこーひー(温)を注文。
それからチャラメルシフォンキャラメルシフォンです。 (sukuさん、ご指摘感謝です)
大きなカフェオレボウルは和の器。
しっかり両手でいただきました。

おいしかったなぁ~。


こちらのお店、お水が何よりまろやかでおいしくてビックリ。
このお水でコーヒーを入れてくれるんだなって思ったら、ちょっと感動しました。

優しいママさんの入れてくれるコーヒー。
今度は、銘柄を選んで注文してみようと思います。



このあともちょこちょこCafe記事が続きます。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



乃木坂で時間つぶし
2009年08月25日 (火) | 編集 |
乃木坂COREDOでのお芝居開演まで時間があったので
こちらのカフェで読書しながら時間つぶし。 

のぎざか_R

乃木坂の交差点から程近い場所なのに、緑に覆われた別世界という感じ。
→ カフェ・ド・ラペ

六本木から歩いてしまってちょっと暑かったので、オーレグラッセ、
そして、大好きなパンプキンプディングをメニューに見つけてオーダー。

氷の入っていないオーレグラッセは、ほんのり甘いのかな。
ストローは使わずに・・・
これがすごくまろやかでおいしい!
最後まですごくおいしかったです。
パンプキンプディングも濃厚でGOOD! たっぷりの生クリームでいただきました。


カウンターの奥に扉があって、テラス席へ出られます。
中庭というより、パティオといった感じでとってもオシャレ。


徐々に日が暮れる中、
店内はもともとほの暗く、窓の外に電灯がついているので
その明かりで中庭を眺めながらの読書。
ここはもしかしたらパリかも?と思ってしまうような雰囲気。
なんとも至福の時でした。。。。


ここ最近出かけたCafeの中では一番居心地良く過ごせたかもしれません。




時間をさかのぼって・・・

かつらゆみ_R

言わずと知れた『桂由美ブライダルハウス』です。

十数年前にここでドレスを買いました(*^^*)
どうしても着たいウェディングドレスがあって・・・
試着したときは、お化粧も髪も普通だったからもちろんミスマッチ!
恥ずかしかったなぁ~。
上階では夫が白いタキシードを試着してレンタルさせてもらいました。

懐かしい場所です。



更に時間をさかのぼって・・・

2009081922310000_R_R.jpg

ひなた焼菓子店さんのお菓子を売っているお店でお買物。
「ひなトコ」以来、どうしてもここの焼き菓子が食べたくて。
六本木で売っているお店があるらしいというので行ってみました。

実は8月上旬から9月の中旬まで夏休み中のひなたさん。
量が少なかったけど、欲しいものが買えたのでLuckyでした。



というわけで、この日の時間軸は逆に綴ってみました。





にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


乃木坂にて観劇
2009年08月24日 (月) | 編集 |
ギョーカイにいる夫の友人から、
お気に入りの女優さんが出るお芝居があるから見に来て!と誘われ
つい先日、コチラへ ↓ ↓ ↓

2009081919150000_R_R.jpg

乃木坂のCOREDO THEATERです。

ちあきなおみさんのご主人亡き後、桃井章さん(桃井かおりさんのお兄さん)が
店名とともに譲り受けたというこのお店は、
お店の中がBARとTHEATERに区切られています。
(元あった場所からは移転したそうですが)


8月は、COREDO演劇フェスティバルと銘打って、
いろいろなお芝居が開演されたようです。

2009081919170000_R.jpg

階段下の受付には関係者から激励のお花がたくさん届いていて
いい匂いが漂っていました。
小さい劇場のこういう雰囲気って大好きです。


2009081921030000_R.jpg

これが今回の舞台。
グラスの向こうの雑然とした部屋が舞台でして、
32歳独身OL1人暮らしの部屋という設定でした。
ベッドや、テーブル、モノが散乱しています(^^;


イベントスペースでは映画の上映もあるようで、それようの幕が奥に張ってあり、
その両サイドが階段状の客席、真ん中が舞台でした。
客席は最前列も舞台より1段高くなっていて、
2席に1つテーブルもあり、飲食しながらお芝居を楽しめます。
なので、ビアジョッキや枝豆などが写っています・・・(^^;
これは客席、なのです。



一方のBARは、L字型のカウンターと、テーブル席が1つ2つ・・・?
狭いながらもすご~くオーラを感じさせるBARでした。

座って飲んでいる方々からもなんとな~くギョーカイのオーラが感じられます。
カウンター内のキャビネットには所狭しとたくさんのボトル。
ドリンクメニューがとっても豊富でした。


気後れしちゃってなかなか行けないこんな場所。
お誘いいただいて嬉しかった~♪
久々のお芝居を楽しめました!!



この女優さん、声がとっても澄んで優しくて、印象的でした。








花火の思い出
2009年08月20日 (木) | 編集 |
一番好きなお祭りは故郷の『うちわ祭り』ですが、
その次に好きなのは花火大会です。

これも、子供の頃から慣れ親しんだものでして・・・
当時は新幹線もなかったため、実家の2階からよく見えたのです。


今の住居に引っ越してからは、
ベランダから毎年花火大会を楽しめるようになりました。

花火_R

ベランダから。
しかも携帯画像。


花火の打ち上げられる河原までは直線距離にしたら2km弱でしょうか。
でも、『横』から見るような感じになり、
本当は、河原で見上げる『下』からの花火が大好きです。

20代前半がピークだったか、とにかくよく花火大会には行きました。

7/20の海の日の横浜の花火。
7月最終土曜の隅田川。
8/1の横浜・山下公園の花火。
8月最初の土曜の江戸川。
8月最初の土曜の板橋。(この土曜は花火大会集中日!)
8月の東京湾大華火祭。
8月中旬の鎌倉・材木座の水中花火。
8月中旬の故郷の花火大会。
10月の土浦全国花火競技大会。
  
(データはすべて当時のものです。)


大きなビニールシートで場所取りして大人数で賑やかに盛り上がった隅田川。
帰りに1人足りなくて、あとあと聞いたらトラバコで1泊お世話になったんだとか。。。


花火の赤い色はストロンチウムを使うんだ・・・etc
と化学的ウンチクを繰り広げたOクンのせいで
みんながしらけてしまった材木座の水中花火大会。
ホントは男女7人的雰囲気でロマンチックだったはずなのにぃ~。


大学4年の時、あっさり抽選に当たって出かけた東京湾では
感動で泣いちゃったっけ。あれ以来、当選していない・・・


横浜の花火の帰りはロイヤルパークの70階で・・・
女性同士だったことをお互い笑いあったことも。




今思えばたくさんの思い出があり、若い頃はフットワーク軽かったなと
我ながら真夏にバテもせず良く出かけたことを思い起こします。

それでも一番はやっぱり実家の2階で見た遠い日の
熊谷の花火大会のことなのかもしれません。

あの頃は祖母も父もいて。。。。

無邪気だったあの頃に戻れたらどんなにいいだろうと
ちょっとおセンチに浸ってしまった今年の花火大会でした。



町家LUNCH
2009年08月19日 (水) | 編集 |
こちらのお店は、おもにLunchで利用しています。


2009080612580000_R.jpg

小さな雑貨屋さんの脇の、幅1mくらいの路地を入ります。
この雑貨屋さんの裏手~~奥がCafeになっています。

2009080612570001_R.jpg

2009080612570000_R.jpg

日本家屋・・・ 町家の入り口は、とっても懐かしい雰囲気で惹かれます。
狭い上がりかまちで靴を脱いで上がると、
そこは和と洋が混在した落ち着いたたたずまいが広がります。

200908061227000_R.jpg

この日は、お庭に面した1人掛けのテーブル。
赤い座布団に腰を下ろして、ふ~っと一息。
L字型の縁側にはサンダルが並べて置いてあったりして、
生活のにおいの感じられる落ち着いた町家です。


あまり暑くない日を選んで会社からトコトコ出かけます。10分程度です。
お気に入りの場所、 Cafe紅(もみ) さんです。

縁側があり、小さなお庭があり。


ランチは、明太子ドリアやお豆腐のハンバーグ、日替わりの優しいメニューが少々。
紅花茶がつきます。


都内にいることを忘れ、仕事も忘れ、ほっこりできる時間なのです。


あえて、食べ物の画像は撮らず・・・
なんとなく落ち着いてしまったので。



ひなトコ
2009年08月17日 (月) | 編集 |
『tocoro cafe ni ひなた焼菓子店』 に行ってきました。


三軒茶屋から環七方面へ歩くこと15分弱、「tocoro cafe」さんでの
「ひなた焼菓子店」さんとのコラボレーション企画です。

前々から行きたいと思っていたこのCafe。
今回この企画を見つけて予約できたのはラッキーだったと思います。

2009081016550000_R.jpg

住宅街にひっそりとトコロカフェがあります。

店内は、シンプルな造りで、と~っても清潔感があります。
淡い色の木で統一されているので、明るくて、柔らかい印象です。
お店の方は、すごく親切!優しい気持ちになれます。

カウンターの奥の席にご案内くださり、「ひなトコ」に予約した旨を伝えました。

好きな飲み物を一つ注文。
そして、待つことしばし。

2009081017050000_R.jpg

右から、ひなた焼菓子店さんの「ブルーベリータルト」「3種類のボウル」
トコロカフェさんのこの企画限定「ジェラート2種」、注文した「トコラテ」。

かわいい!
美しい!

丸で統一したんだとか…

食べるのがもったいない!と思いました。
見ているだけで幸せになれそうなセットです。

ブルーベリータルトは、台がしっかりしていて、生の大粒ブルーベリーがたっぷり!
3種類のボウルがこれまたおいしい!
口の中で優しい味がふわぁ~っと広がります。お茶、胡麻、柚子の3種類だったかな。

ジェラートは、契約農園(?)さんの桃のジェラートと、濃厚ヨーグルトジェラート。
これがタルトにとってもよく合うんです!
生タルトに合うようにすごく考えられたんだとか。 さすがです。

トコラテは、丁寧に淹れてくれるエスプレッソにたっぷりのミルク。
これがまたおいしかった!!


本を読みながら、しばしこの清潔感ある洗練された空間でのんびり。
木のカウンター、木のトレーが落ち着きを与えてくれます。

200908101724000_R.jpg

カウンターの向こうには茶釜もあり、和の要素もあるんですね。
そういえばドリンクメニューにはお茶もありました。


さてさて、今回のこの企画には、おもたせが付いています。

2009081019280000_R.jpg

2009081019280001_R.jpg

2009081019290000_R.jpg

クッキー系のお菓子4種と、左の家型のクッキーはトコロカフェさんからのお土産。
ジンジャークッキーだそうです。
5日間の企画のためのパンフレットも添えられていました。


仕事の後に、ちょっと現実逃避しちゃったような楽しいCafe Timeでした。



スイスの思い出と大人買い?!
2009年08月14日 (金) | 編集 |
2003、2004、2006年と3回両親を連れてスイスへ行きました。
人生最大の親孝行だと自負しております(笑)


2003年はグリンデルワルド&ツェルマットそしてパリ。
2004年はツェルマット&グリンデルワルド、ベルン。
2006年はインタラーケン&シャモニ、ジュネーブ。

各年それぞれに思い出深いハイキング(トレッキング?)ができたと思っています。

スイス1_R

エーデルワイスは、どこでも見られると思ったら大間違い!
ツェルマットからのハイキングルート、
ウンターロートホルンからの下り道でやっと見つけることができました。


スイス2_R

山岳リゾートホテルはどこもとてもステキでした。
窓からの眺めを重視して、シャレータイプのホテルを利用しました。
リゾートらしく、プールのあるホテルもありました。


スイス3_R

チューリヒ・聖母聖堂のステンドグラスはシャガールのもの。
涙が出るほど美しくて感動しました。
右上のシャモニ・モンブラン駅は、スイスの駅とはちょっと違います。
やっぱりここはフランスなのですね。


スイス4_R

スイス・ユングフラウ地方の道案内板は黄色で、
青い空、緑の大地、白い氷河に映えます。
ちなみにツェルマット地区は茶色のシックな案内板でした。


スイス6_R

上:マッターホルンは孤高の山。
  (スネガ展望台からの眺めが好きです)
  これはホテルのお部屋からの眺め。何度見てもうっとりします。

下:アイガー北壁は、グリンデルワルドのホテルの部屋からいつも見ていました。

右:典型的なシャレータイプのホテル。 
  ツェルマット・ホテルユーレン。(ロマンティックホテルグループです)
  フィスパ川沿いにある朝食のおいしいステキなホテルです。

携帯ではなく、EOS Kissで撮った画像なのでやっぱり綺麗です。



さて、そんなスイス。
初めて行った時からあっという間にその虜になったのですが、
なによりも「アルプスの少女ハイジ」の影響が大きいのだと思います。


小さい頃見たハイジの世界。
ハイジのストーリー、みんな大好きなのです。

今年は、あのアニメ放送が開始された年から35周年だそうで
色々なイベントが催されているようです。

そして・・・

ハイジr_R

DVDのメモリアルボックスを購入してしまいました!!

DVD13枚が、3冊にまとめられて、特典のノートもついて特製BOXに入っています。
期間限定生産で、もう期限切れですが在庫があるのでしょう。
定価の27,300円よりもだいぶ安く入手できました(^^)


これでいつでも心置きなくハイジの世界へ飛び込めます(笑)

ちなみにハイジの舞台は「マイエンフェルト」---デルフリ村。
スイスの中では東部に当たりますが、ここへは行ったことがありません。
いつか、時間をかけてスイス旅行ができる日に、必ず行ってみたいところです。


夢は夏の期間をスイスで過ごし、あちこち歩き回る老人になること!
いつの日か、またスイスへ・・・





にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




2007 BALIのこと その他もろもろ
2009年08月12日 (水) | 編集 |
バリ旅行のこと。。。
そろそろ〆めなくちゃ。



思いがけずに出かけたバリの街中はやっぱりアジアのそれで、
アジアらしいといえばアジアらしいのでしょうが、
地球温暖化がこれだけ叫ばれてる現代からは遠くかけ離れた感があります。
というか、日本他、ほんの一握りの先進諸国が騒いでいるだけで
まだまだ発展途上の多くの国々は、これが精一杯の日々の暮らしなのだと思います。


比べてホテルの中は、空気もきれいだし、見下ろす海はきれいに見えるし、
食べ物はおいしいし、スタッフは行き届いているし、幸せに過ごせます。

というわけで、食事はほとんどホテルの中で・・・

特に気に入ったのは、浜辺のPJ’s(ピージェイズ)。
宿泊客以外の方も予約して食事に来る人気のイタリアンです。

0_dsc_5905_R.jpg

これは昼間の画像です。

このレストランは、イベントも多く、5泊中、3晩利用しました。

『ベッド・オン・ザ・ビーチ』というイベントがあり、
砂浜にキャンドルやテーブル(ベッド)が夕方から準備されていきます。
このイベントのメニューは通常と違いブッフェスタイルでした。

PJ_R.jpg

砂浜のベッドは予約が取れず(白人が多かったです!)
普通の席で。

パスタなど、イタリアン&シーフードのブッフェでどれもおいしかったし、
ガーリックを抜いて欲しいというRQも快く聞いてくれて、
気持ちのいいDINNERとなりました。


最終日のLUNCHでも更に利用。

ここのナシゴレンがすごくおいしくて、どうしてももう一度食べたくて。

PA120067_R.jpg

でも、写真撮らずに食べちゃった・・・(^^;


今でもPJ’sには行きたくなります。


そういえば、砂浜をフォーシーズンズからインターコンの方へ歩いて
シーフード屋台-イカン・バカールを物色した夜もありました。
いくつかおいしいお店の名前も覚えて行ったのですが見つからず。。。
基本的に、暗いし、BBQの煙モクモクに辟易として
一周して戻ってきてしまいました。ニンニクも怖いし・・・(^^;

でも、とっても安いらしく、混み合っていて、
こういうものだということが分かったのでOKです。


バリ滞在最後の夜は、ウブドでケチャックダンスを見ました。

アルマ_R

アルマ・オープンステージでのケチャックは、新月と満月の夜しか公演がなく
なんと滞在中、その新月の夜が含まれていたため、予約をしたものです。

ホテルからの送迎つき、夕食つきのオプショナルツアーだったと思います。

途中、金製品や籐製品、絵画のお店などに寄り、
ケチャックダンス鑑賞前には、アルマリゾートでの夕食もついていました。


このケチャックダンスは、海外公演もしているそうで、
かなり質の高い有名なものらしく、
サルの兄弟の決闘モノというストーリーよりも、
何より主演の男性に目を奪われてしまい、圧巻でした。
もちろん他の演者や、小さい子供たちも素晴らしかったのですが
主演男性の強烈なカリスマ性って、こういうものなんだと感じました。

白人の多かった観客も大興奮!
一見の価値あり!! でした。


ウブドでは、籐製品「アシタバ」で、籠のバッグを購入。
バリでの収穫はこれが一番嬉しかったかも!

2009081109140000_R.jpg

持ち手が革で、とても丁寧に作られているので、ヒゲなども出てきません。
いぶしてあるので、虫もつかないし、軽いし、可愛い!
ガイドさんに勧められて購入したのですが、
リゾート地に良く合うバッグは、とても重宝しています。



写真があったりなかったり、ぶれていたり、にじんでいたり。
ちょっとひどい旅行記になりましたが、備忘録として・・・


最後に、ホテル内の一番のお気に入り。
ヴィラとヴィラの間の通路画像を・・・

通路

右側の門がヴィラの入り口。
夜になると木に吊るされたランプが灯り幻想的です。
見上げると星が瞬き、夜のホテル内のお散歩は楽しいものでした。


バリは、再度行くかどうかは微妙ですが、

マンタを見られたこと、ケチャックダンスの素晴らしさ、ウブドの寺院の多さ、
信心深い人々、想像と違ったクタ、おいしかったナシゴレン、
いろいろな思い出ができた初めてのバリ旅行、充実の5泊7日でした。



最後までつたない旅行記を読んでいただき、ありがとうございました。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




和スィーツ
2009年08月11日 (火) | 編集 |
少し前になりますが、高湿度に耐え切れなくなって
髪を切りに青山へ。


この日はカラーの予約もしていたため、
アフターファイブの空腹予防にまずは腹ごなし。

ここ数日、チーズケーキが食べたくて仕方なかったので
おいしいケーキ屋さんにでも行こうと思っていたのに、
いざ直前になってみたら、和菓子を求めてしまってこちらへ。

2009072418350000_R.jpg

京はやしや、青山店です。

美容院からとっても近くて、予約時間ギリギリまで和スィーツでのんびり。


カキ氷メニューにも心が揺れましたが
ちょっと冷えちゃうかな、と思ってあんみつにしました。

あんみつ、久しぶりです。

はやしや_R

盛りだくさんでうっとり♪

抹茶アイス、
抹茶わらびもち、
あんこ、
白玉、
寒天、
抹茶寒天(ゼリー?)

これに黒蜜をかけていただきます。う~ん、甘い!


抹茶わらびもちには、お抹茶がかかっていて
と~っても濃いお味。
欲を言えば、普通のわらびもちの方が嬉しかったかも(^^;

抹茶寒天(ゼリー?)がふるふるで柔らかくて、一番おいしかったかな。

200907241811000_R.jpg

抹茶ミルク(甘い)も注文して、ゆっくりしていたらあっという間に予約時間!!

お土産類も充実していて、急いでこれだけ買って美容院へ。

2009072422270000_R.jpg


店内、白を基調というより、白で統一されていて、
ちょっと落ち着かない雰囲気かな・・・ 
隣に座った唯一の男性、所在なさそうにしていました。(^^;


地下一階のお店ですが、ガラス張り、1階まで吹き抜けになっているので
明るくて気持ちいいです。


あんこ大好きなので、美容院へ行くときにはついつい行ってしまいそうです。




この夏はよくCafeに行きました。 このあとちょこちょこCafe記事をUPします。備忘録です。


京はやしや 青山店 (カフェ / 表参道、渋谷、明治神宮前)



2009 初夏の札幌出張 -5-
2009年08月10日 (月) | 編集 |
今回の札幌出張では、たくさんの方に会うことができました。

支店の方々、子会社の方々、
子会社のイベントに参加してくださったたくさんのお客様。

慌しい3日間の出張でしたが、多くの方々とおしゃべりを楽しみました。


これはいただいたお土産。

大好きな六花亭のお菓子の詰め合わせ『十勝日誌』です。

2009071218260001_R.jpg

2009071218280000_R.jpg

こんなにたくさん入っていました。

私の大好物は「百蔵」ももとせ、です。

昨年9月には福住店の喫茶室でゆっくりお茶をして
この「百蔵」をバラでたくさん買ってきたものです(笑)

喫茶室のケーキは、普通でしたけど、売店でお菓子をバラ買いができるのが嬉しいです。

2009071218290000_R.jpg

これは非売品のチョコレートだそうです。
十勝日誌50周年を記念して作ったものなんだとか。

六花亭のお菓子はあまり日持ちがしないのでせっせといただきました(^O^)


それと、最近定番の夫へのお土産。
空港で必ず買って帰ります。

2009071221050000_R.jpg

「塩水ウニ」です。
持ち運びに疲れたウニくんたち、ちょっと濁りが出てしまっています・・・

これは、ミョウバン処理をしていない生うになので、
まさにトロトロの甘甘な味を堪能できます。
北海道旅行、一番のオススメお土産です。
むらさきウニも売っていますが、蝦夷バフンウニの方が味が濃くてオススメです。


季節によって産地はさまざま、値段もさまざま。
今回は、江差産、3000円也!


2009071221130000_R.jpg

たっぷり山盛りのウニ丼ができます。

あ~、コレステロール・・・・なんてことはこの日だけは忘れて。


いつもとちょっと違った札幌出張。
疲れたけど、楽しかった。


今度は9月かな~年末までお預けかな~。。。。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ




真のナポリピッツァ No.206
2009年08月07日 (金) | 編集 |
前々から行きたいと思っていた「真のナポリピッツァ協会」認定店のこちらへ
少し前の週末に行ってきました。

2009071818500000_R.jpg

認定No.206 LA PALA (ラ・パーラ)です。


2009071819020000_R.jpg

真のナポリピッツァの条件とは・・・

  生地に使用する材料は4つのみ・・小麦粉、酵母、塩、水

  生地は手だけを使ってのばすこと

  窯の床面で直焼きすること

  窯の燃料は薪もしくは木くず

  しあがりはふっくらとして「額縁」があること

  上にのせる材料にもこだわること

と、ポスターに記載がありました。
期待が膨らみます(^^)


2009071819040000_R.jpg

革表紙のメニューです。
ちょっとだけ暗めな店内のケーブ風の奥の席だったので、
携帯画像だとなんだかよく分かりませんが(^^;
しっかりとした革表紙の、ちょっとかわいらしいメニューです。


オーダーは以下の通りです。


2009071819060000_R.jpg

高知県産のフルーツトマトが入荷しました!という今日のオススメメニュー、
フルーツトマトと水牛のモッツァレラチーズのカプレーゼ。

トマトもモッツァレラチーズも甘くておいし~♪
フルーツトマト、大好物です(^O^)


2009071819150000_R.jpg

期待大のピザは、今日のオススメから、ルッコラとフンギのビアンコ。

とにかく画像が悪いけれど、堪らなくおいしい!
生地がホントにおいしい!!
あ~、トマトソースのピザも食べたいっ!

大きな期待は、期待通り、イヤ、それ以上で大満足!!


2009071819290000_R.jpg

パスタは・・・・

店内が更に暗くなり、画像が更に悪くなり・・・・
携帯に照明機能がついていることを知らず
よく分からない画像でがっかりです。

が、

ヴェスヴィオ産ピエンノロトマトとたっぷり魚介のトマトソースのフェットチーネです。
これも”本日のオススメメニュー”でした。
有頭エビ、ムール貝、アサリ、ハマグリがたっぷり!
あ~、あの火山の麓からこのトマトは送られてきたんだわ、と思ったら
なんだか、甘みも酸味もいっそうおいしく感じられました。
これは、お願いしてガーリックを抜いてもらいました。
快く対応してくださって、ありがとうございます!

ガーリック抜きで安心!  
トマトソースがとにかくおいしかった~~♪


ホントは、メインにお肉を!と思ったけど、
できればピザをもう一枚!と思ったけど、
おなかもだいぶ一杯になってきたし、デザートを注文することにしました。

2009071819480000_R.jpg

2009071819520000_R.jpg

これは、私が注文したアップルパイ(?)とカプチーノです。

携帯の照明機能に気がつき、いきなり明るい画像になりました(^^;


夫は、ウェイターさんに「オススメはどれですか!」と聞き
「コレです!」ときっぱりおっしゃっていただいた
『凍ったプリン』なるものを注文。(名前忘れました・・・・)
コレがすっごくおいしかった! おいしくて画像を撮り忘れ(^^;



♪南イタリアの音楽が流れ、モノトーンの色調の店内は
テーブル間隔もゆったりしていてとっても落ち着く雰囲気。
しかも、お店の人の対応がとても気持ちよくて、
連日でも通いたいお気に入りのお店となりました♪


実は、真のナポリピッツァ認定店は2店目なのですが、
以前行った某有名店はお店の雰囲気が好みに合わず。。。残念!



ここは味も雰囲気も抜群!
というか、好みにぴったり!  
今度はもうちょっと大人数(?)で、ピザをいろいろ食べたいなと思いました(^^)



La Pala (イタリアン / 多摩センター、京王多摩センター、小田急多摩センター)




いただきもの from 京都
2009年08月06日 (木) | 編集 |
神戸に住む友人が、京都に出張するから好きなものを送ってあげるといって
これを送ってくれました。


大好きな鍵善良房の甘露竹。(細い竹に水羊羹が入ってます)

2009080115260000_R.jpg

2009080115210000_R.jpg


あんこ好きな私は、この季節はあずきのカキ氷や水羊羹を好みます。(^^)

2009080115240000_R.jpg

青竹のフシのところに目打ちで穴を開けると
つるんと水羊羹が出てきます。
12cmくらいでしょうか。

みずみずしくて、すごくおいしい!!
あまり日持ちはしないけれど、京都から、
と思うと大切に食べたい気持ちになります。
嬉しい夏の贈り物でした。



鍵善良房、随分前は四条通の本店のお2階が古民家風(?)の雰囲気の喫茶室でした。
あの茶色っぽい雰囲気が大好きでした。
「くずきり」と注文するとき、こっちの人間と関西の方とではイントネーションが異なり
面白いなぁ~と思ったのもこちらのお店で、でした。
関西の方は「く・ず・・り」と、「き」にアクセントがつきますね。
注文の仕方で、おのぼりさんかどうか分かってしまいます。
あれ?東京から京都へ行く場合、『おのぼりさん』というのでしょうか・・・・?

今は、老舗和菓子店の店構えの奥が小奇麗な喫茶室となりました。
お客さんの収容人数は格段に増えましたが、どこにでもあるような
すっきりした喫茶室となり、かなり残念です。
お2階はその後どうなったのでしょう・・・・



熱海へ そしてその先へ・・・ -2-
2009年08月05日 (水) | 編集 |
熱海でお刺身を満喫したあと、カーナビに頼って
河津の七滝(ななたる)にある「カキ氷」のお店へ行ってみることにしました。

2009072514560000_R.jpg

カーナビは、海岸沿いではなく、伊豆半島の中を示し、
車はどんどん斜面を上がっていきます。

で、この景色。
助手席から海を眺めて。

夏の海と夏の空が融けあっています・・・・ 暑いっ!

走ること1時間半弱。
七滝へ到着。

2009072516310001_R.jpg

無料の駐車場に車を停めて、七滝の遊歩道を歩きます。
するとすぐに、そのお店の案内が出ていまして、

肉月_R

遊歩道から逸れ、この石段をズンズン上がっていきます。
かなり急で、石もぐらぐら・・・ ちょっと怖いです。

2009072515580002_R.jpg

たどり着いた先は古民家・・・ というか、普通のふる~~~~い家?!
生活臭バッチリです。(^^;

2009072516240001_R.jpg

「こんにちは~」と玄関をあがり、奥へ行くと、土間のような居間?!
囲炉裏があり、こちらも客席のようです。

囲炉裏の更に奥に急な階段があり、それを登った2階が食事処です。

2009072516030001_R.jpg

2009072516040000_R.jpg

店内は椅子席もあり、意外と多人数が入れると思います。
七厘炉端焼きのお店みたいです。  

→ 河津・肉月


2009072516100001_R.jpg

2009072516110000_R.jpg

ニューサマーオレンジのカキ氷(夫の選択)と、アズキのカキ氷。
オレンジの方は、マーマレードジャムが乗り、
ニューサマーオレンジの果汁をかけていただきます。
アズキの方には練乳がつきます。
ミックスしてもいいですね(^^) 凝固はしませんでしたよ。


このニューサマーオレンジのカキ氷を先日テレビでやったようなのですが
お客さんは皆無!!!
恐るべし、テレ東?! 視聴率が悪かったのかなぁ・・・


携帯画像では、雰囲気のある良さそうな古民家に見えますが(?)
あまりキレイじゃないこの店内。
そして、ちょっと・・・じゃなくて、かなりにおいます。
う~ん、古すぎる家屋の匂いと、七厘炭火焼の匂いなのかな・・・
そしていろんな生活臭。 モノを食べるにはちょっと・・・

古いのはさておき、テーブル等も前に使った方の汚れが拭き取られていなかったり、
モノが雑然としすぎていて、掃除していない感があったり
ちょっといただけないと思いました。
正直、喫茶するという雰囲気ではないですね・・・ 


唯一(ごめんなさい!)の救いは、カキ氷の氷がおいしかったこと!
昔ながらの氷カキでかいてある氷は、真っ白で雪のように軽く
ふんわりしていてとってもおいしかったです。



さて、気を取り直して、七滝散策。  ほんのちょっとだけ。

2009072516360000_R.jpg

2009072516340000_R.jpg

遊歩道の、カーブの手前に白い人が2人。。。
遠くから見ると、実際怖いです。
白い老夫婦が動かない?!って感じに見えまして、
近づいたら伊豆の踊り子像でした(^^;


2009072516400000_R.jpg

初景滝には今度は違う色の踊り子像。
よほど踊り子にゆかりのあるところなのか、
「伊豆の踊り子」、読んだ事がないので分からないのですが


川の流れの急なところは風がおきてとっても涼しいです。
なのに、人が少ない・・・・
テレビでやったばかりなのになぁ。


最後にお気に入りのショット。

2009072516420000_R.jpg

千住博さんの日本画のような初景滝。。。。 と感じました。
落差は10mもあるそうで、この日はすごい水量でした。

滝は2つしか見なかったけど、いい時間になってきたので
家路につくことにしました。


真夏の週末の長距離ドライブ。
楽しい1日でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ




2009 初夏の札幌出張 -4-
2009年08月04日 (火) | 編集 |
2日目の夜はあまりの疲労にさっさとベッドへ入り、おかげで3日目の朝はスッキリ!

予定通り、35階の丹頂にて和定食の朝食。ここ、大好きなんです。

2009071209130000_R.jpg

いつも通り、お粥をセレクト。
盛りだくさんのおかずです。


2009071209100000_R.jpg

2009071209090000_R.jpg

ドリンクブッフェと、アスパラ&イカの塩辛(とり放題)です。
いつもはふかしたジャガイモですが、今回は初めてアスパラでした。
牛乳と野菜ジュースとアスパラをもらってきました。

2009071209140000_R.jpg

牛乳の向こう側の壺には、梅干とほぐし鮭が入っていて
各テーブルに置かれています。硬めに茹でたアスパラ、おいしかったです。

おいしい朝ごはん!
やっぱりここの朝ごはんはおいしいです(^^)

2009071209270000_R.jpg

35階「丹頂」からの眺め。
今日もまだ雲が多いです。


チェックアウトまで時間があったので、大通までお散歩。

2009071210060000_R.jpg

駅前の、蔦の絡まるレンガ造りの西武デパートは9月末で閉店。
寂しいです。

2009071210130000_R.jpg

2009071210150000_R.jpg

2009071210310000_R.jpg

2009071210140000_R.jpg

大通公園はカラフルなお花がきれいです。
ラベンダーも咲いていました。

そして夏の大通公園の風物詩。

2009071210330000_R.jpg

2009071210330001_R.jpg

とうきびワゴンです。
焼いたとうもろこしの匂いに誘われます。

7月下旬からは、今年のものが焼かれるそうですよ(^^)

2009071210440000_R.jpg

くるっとひと回りして駅へ戻りました。

11時過ぎのエアポートライナーで空港へ。
2泊3日の慌しく楽しい札幌出張がこうして終りました。

涼しいどころか寒かった3日間。
ずっと長袖で過ごしました。



お土産編へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ




熱海へ そしてその先へ・・・ -1-
2009年08月03日 (月) | 編集 |
久しぶりの長距離ドライブ、熱海へ行ってきました。


熱海には、おいしい近海モノのお刺身を食べさせてくれる良心的なお店があり
このお店にはかれこれ20年近く通って(?)います。

「近海モノしかないから、マグロが食べたかったら別のお店に行ってね」
と、こちらの奥さんはおっしゃっていました。

2009072513590000_R.jpg

これが近海モノの盛り合わせ。
ホントはもうちょっとたくさん食べたかったのだけど、
奥さんが、これがお得だからこれにするわね、って(^^;


アジのお刺身:活きています。
ひらめのお刺身:たまたま捌いたのがあったそうでLUCKY!
サザエのお刺身:あれ?ちょっと減ってる・・・(笑)
イカのお刺身
甘エビ
アジのたたき
アジとイカのあわせたもののたたき

これだけ乗って、1人2000円です。

いつものように画像が悪いですが、
ホントは見るからにピチピチでツヤツヤなんですけど~~(涙)



そして、ご飯とお味噌汁(伊勢えびです!)とお漬物がつきます。

2009072514000001_R.jpg

このお味噌汁だけで、ご飯が食べられます。
涙が出るほどおいしいんです。(笑)

そしてこのお店は、ご飯がおいしい!
それがこのお店に通い続ける理由かもしれません。


数年前に、うちのアジフライはおいしいわよ、
これを食べに来る人がいるくらい。。。なんて言われてから
注文し続けているアジフライです。

2009072514000000_R.jpg

コロッケのように見える(?)肉厚なアジフライ1人前です。
一口目はそのまま、
二口目は添えてある柑橘類(この日はグレープフルーツ)を絞って、
三口目からはご自由に! とのこと。

ホントにおいしいんです~~。

ついついおかわりしてしまう大満足のLUNCHでした。


→熱海・司


いつもはここでUターンして早々に帰宅してしまうのですが
あまりにいいお天気の夏の1日。
かき氷を食べよう!ってことで、熱海の先へ・・・伊豆半島を南下しました。


《続く》


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。