遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BORABORAの思い出 -2-
2009年09月30日 (水) | 編集 |
2005年のボラボラ旅行、思い出の続きです。


ボラボラへ行くなら絶対ダイビングのライセンスを取ってから!と思っていたので
この年のGWにライセンス(PADI )を取り、これが取得後初めてのダイビング! (無謀・・・)


日本人インストラクター・JUNさんのいるNEMOワールドに予約し、合計で5本。

P7110009D_R.jpg

アップアップでした
背景は、ボラボラのシンボル、オテマヌ山です。

無我夢中ながら、透明度の高い青い海は美しく、
初心者ながら25~30mくらい深く潜ってしまいました。
本当はいけないんです・・・ OWという、初心者レベルのライセンスでは18mがMAXなのです。

borabora_R.jpg

左上:ニモの仲間・クマノミの一種です。
右上:マダラトビエイの捕食シーン。海底に突進しています。
左下:ナポレオンフィッシュ。
右下:忘れました(^^;


IMG_0229オテマヌ_R

これはホテルからみたオテマヌ。 神秘的な山です。
これが見えるとなんだかホッとします。
みんなこのオテマヌ山が大好きです。


P7110007_R.jpg

ボラボラ本島の入り口・ヴァイタペの村にあるレンタカー屋さんです。

日本の免許証で車を借りることができたので、本島を一周してきました。
ひどい車でした・・・・ 窓なんてないし、タイヤは今にも飛びそうだし。
日本じゃ絶対車検には通らないような車。
でも楽しかったなぁ~。 (30~40分くらいあればゆっくりでも充分一周できます)


ボラボラ本島にはたくさんのタヒチアンが住んでいるので
学校や教会やスーパーマーケットなどもあります。


ボラボラは、真ん中に大きな島(本島)があり、
その周りに多くの島(モツ)があります。
私たちが利用したホテルのあるモツ(島)から本島の玄関口ヴァイタペまでは、
ホテルのクルーザーで15分くらいです。
1日に3往復くらいホテルのクルーザーが無料で出ていました。
それを逃すと、本島←→モツ間、水上タクシーしかありません。。。高いです。

IMG_0255タヒチアンダンス3_R

旅行期間中「ヘイバ祭」の開催にちょうどぶつかりました。
タヒチ最大のお祭り~~ポリネシアンダンスショー(大会?)です。

この日はホテルでBBQパーティがあり、子豚の丸焼きなどをいただきました。
その後、ヘイバ鑑賞予約者はクルーザーでヴァイタペへと向かいます。
ショー会場の観客席は、各ホテルごとに区切られていました。
各ホテルに滞在する観光客が一気に押し寄せ、すごい観客者数です!
野球場のような段々になった席に座ってダンスのパフォーマンスを見学します。

まぁ、それなりに・・・・ 面白かったです。 (^^;



「なにもしないをしよう!」というCMが以前ありましたが、
まさにそういった休暇を過ごした初めての体験だったと思います。
海の上のコテージのデッキでのんびり読書&お昼寝は特に気持ちよかったです。

デッキ


帰国に当たっては・・・
国際線の時間の関係で、まずは国内線でボラボラからタヒチ島へ戻り
パペーテのホテルに半日滞在します。(夜中のピックアップです)
タヒチの首都・パペーテには有名な屋台・ルロットが海沿いの公園に広がり、
お夕飯はそこで楽しみました。


というか、7月14日にぶつかったこの帰国日。
タヒチ内のお店はどこもお休みだったのです!!
お土産物屋さんもレストランもほとんどが休業。
そう!ここタヒチは『フランス』、
7月14日は革命記念日・・・パリ祭りの日ですから。

タヒチってフランスなのよねぇ、と実感した帰国日なのでした。




日本から12時間程度で行ける地球の外の美しい星!
今でもこの第一印象を忘れることができません。    

《終わり》



思い出のBORABORA、最後まで読んでくださりありがとうございました。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。