遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DADA CAFE
2009年12月29日 (火) | 編集 |
代々木駅近く、新宿方面に目をやるとNTTのビルが高くそびえ、
その向こうには紀伊国屋、高島屋。東京らしい新しい匂いのする一角です。

でも、広くない道路を挟んで向かい側は違う街に来たみたいな下町風な雰囲気。

小さなお豆腐屋さんがあることも嬉しい驚き。
その角を曲ると、どんつきの手前に昭和にタイムスリップしたようなおうちがあります。

 P1010775_R_R.jpg

外に小さな椅子とチラシ(メニュー?)が置かれているのが目印になるかもしれません。



 P1010777_R_R.jpg

ガラガラと、昭和のおうちの引き戸を開けると、そこは外観よりはモダンに感じるCafeです。



 P1010778_R_R.jpg

靴のまま上がれる板の間(フローリングと言うのはちょっと似合わないかもしれません)は
冬にはブーツが多くなる女性には嬉しいです。

奥が広く、3間くらいはあるかと思いますが、私は1人だったので厨房前の席にこじんまり。


 P1010780_R_R.jpg

本棚のような大きな物入れ。 こういうの、あると便利ですね。



メニューは個性的でヘルシーな感じです。

 P1010781_R_R.jpg

注文したのは、スパイス野菜のグラタン、だったかな。
野菜メニューがとっても豊富です。
 
 P1010782_R_R.jpg

ベジタリアンが好みそうな、野菜オンリーのグラタン。↑ 鶏肉に見えるかな?ごろっとした牛蒡です。
牛蒡、人参、玉ねぎ、ジャガイモ、かぼちゃ。
とにかく牛蒡(柔らかい)が多くてびっくりしました。 そしてかなりスパイシーです。
徐々に身体が温まるのが分かるくらいにスパイシーでした。
インドカレーなどに良く使う香辛料が多く入っているようです。。。
カルダモンかな? 無知で名前がよく分かりません(^^;


 P1010784_R_R.jpg

食後にはジンジャーレモネードでさらにあったまりました。
ガラスの器が熱くなるから、と、可愛い毛糸で編んだカバーをつけてくれます。
飲み物の色も見えるし、ガラスの器に毛糸のカバー、とってもいい雰囲気でした。



昭和15年に建てられた建物だそうです。
 
お店のお姉さんたちも皆さん親切でとっても落ち着けました。
玄関のドアをがらがらと開けるそのちょっとした緊張と、そのあとのリラックスが好きです。
とってもステキなお店でした。

 P1010776_R_R.jpg




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


スポンサーサイト

2009 タヒチ・ボラボラ旅行 ボラボラ・ラストディナー
2009年12月28日 (月) | 編集 |
ボラボラ5日目、早くもボラボラ最後の夜。


水曜日のDINNERはメインダイニング・AriiMoanaの日。
2回目のフレンチです。

P1010119_R.jpg


もちろんメニューは同じ。。。。日本語メニューを持ってきてくれるので助かります。
最後のDINNERなので、カクテルを注文。

P1010120_R.jpg

マンゴーが使ってあるフルーティなものでした。
甘くておいし~♪



P1010124_R.jpg

今回は、ナスのペースト・・・・・・・ ビミョ~(笑)
前回はキューリで今回はナス。
味のない野菜シリーズ?!
とってもローカロリーなのでしょうけど、味もないし・・・というか、
ナスの味は確かにしたような気がします。


気を取り直して(^^)

P1010125_R.jpg

前菜は【ホタテのローストとアスパラガス】というものにしました。
パッションフルーツビネガーソースだそうです。

赤いキューブは、フルーツを使った酸味のある柔らかいムースでした。


P1010127_R.jpg

そして、フォアグラ好きの夫がやっぱり食べたいと言って【フォアグラのグリル】を注文。

お皿の上下のバルサミコ酢、フォアグラの下のチャツネが、酸味と甘みでGOOD!



P1010128_R.jpg

メインに私が選んだのは【ロブスターのロースト】
やっぱり海に囲まれた島だけあって、ロブスターは甘くて美味しいです。
それに柿。 これが美味しかった。(^^)


P1010129_R.jpg

そして夫は・・・・ これまた前回と同じもの!【オーストラリア産ブラックアンガスビーフ】
前菜もメインも前と同じものを頼むなんて・・・・(^^;
美味しかったからやっぱりこれが食べたいというので、まぁ、そういうのもアリでしょうか。。。


せっかくなので、ちょっと寄ってみました。

P1010130_R.jpg

コロッと丸い食べ応えのあるお肉だったようです。


前菜・メインとも2皿ずつ注文しておなかが一杯になり、デザートはやめておきました。

こちらのフレンチ、日本人にとっても合うと思います。
コッテリしすぎず、素材やおソースの味を楽しめます。


明日はタヒチ島へ移動。
はぁ~、旅行の終わりが近づくといつもため息気分になります。

余韻を惜しむようにゆっくり歩いて部屋に戻りました。




にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



今日は仕事納めです。
明日から、散らかった家の中を一生懸命掃除する予定です。
そろそろ捨てるものは思い切って捨てないと
狭いマンション、置き場がなくなりそうです(^^;




Merry X’mas
2009年12月25日 (金) | 編集 |
表参道のイルミネーションが11年ぶりに復活した2009年。
12月早々の雨の残る夜、買物帰りにちょっとだけドライブしました。

P1010881_R.jpg  P1010882_R.jpg

赤プリのクリスマスツリーとavexのイルミネーション。
走る車から撮影したので、ひどい画像ですが・・・


P1010889_R.jpg  P1010893_R.jpg

11年ぶりのイルミネーション復活に当たっては、
表参道のケヤキの木163本の健康状態をすべて念入りにチェックし、
あまり元気でないケヤキの木にはLED電球を施さなかったそうです。


P1010884_R.jpg  P1010894_R.jpg

大好きなハチ公バスと並走、楽しかったです。


そして、イヴ・イヴに届いた大好きなタルト!
クリスマスのパッケージがとても嬉しかったです。

P1020134_R.jpg  P1020135_R.jpg


今年もあとわずか・・・クリスマスが終わると一気に年末のせわしなさがやってきますが
反面、なんとなく寂しくなる気がします。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



明日から1泊ですが京都へ行きます。
活気づく錦市場で元気をもらってこようと思っています。



2009 冬の札幌出張 《クリスマスツリー》
2009年12月24日 (木) | 編集 |
12月に札幌に行くと、まず目に留まるのが大通公園のイルミネーションです。
夜の10時半くらいには消灯してしまうのですが、たっぷり鑑賞できる時間はあります。
色とりどり、テレビ塔も時間によって輝きを変えます。

こんなところでプロポーズされたら涙が出ちゃいそうな美しさだといつも思います。


でも今年はとても寒かったので、テレビ塔の色が変わるのを待っている余裕はありませんでした。
氷点下10℃近い札幌の夜は、少しすると顔がこわばってきます。
スカートとブーツの間の膝から寒さが入り込んできて、足もがくがくしてきます。
見ていたいけど寒くてじっとしていられません。
大通りを見下ろせるレストランとか、あるのでしょうか?!行ってみたいものです。(^^)



さて、この季節はあちこちでクリスマスツリーを見かけます。
大きな木を見上げるのは気持ちが良くて、大好きです。
小ぶりなものもありますが、それぞれ装飾に趣向を凝らしていてワクワクします。


まずは宿泊したJRタワー・ロビーのツリー。
  P1020085_R.jpg

そして、車寄せ口のツリー。赤い色が華やかです。
  P1020084_R.jpg


36階、食事どころ・丹頂入り口のツリー。
和食のお店でも、このくらい小ぶりなものなら、嬉しい配慮のような気がしました。
  P1020094_R.jpg


札幌駅のシャープで可愛い印象のツリー。
北海道らしく、ベースが白なのがとても気に入りました。
天井に着くほど高いツリーでした。
  P1020063_R.jpg



そして、羽田空港のシンプルなクラフトっぽいツリー。
  P1020097_R.jpg


どれもとてもキレイです。


今夜はイヴです。 どんな夜になるでしょうか。


《おまけ》

東京の本社の忘年会を行った帝国ホテルロビーの、
本物のモミの木(?)のツリーです。
  P1020121_R.jpg

天井に届きそうな大きな木のクリスマスツリー。
とても立派で美しくて、見とれてしまいました。



2009 冬の札幌出張 《美味しいモノたち》
2009年12月23日 (水) | 編集 |
冬の札幌出張は、出張とは名ばかりで、忘年会がメインです。
木曜は子会社の忘年会、金曜は支店の忘年会というのがここ数年のスケジュール。


金曜の、支店の忘年会はもう30年近くも同じお店で行っていて、それはお肉です。
木曜の忘年会は、木金連続出席者が4名いるために、お肉以外が選ばれます。


今年はフグでした。

P1020011_R.jpg

雰囲気的に写真は、みんなにお酒が回り始めた後半だけにしました。
なので、てっさもから揚げも白子焼きも撮れず。
お鍋と雑炊のみの画像となりましたが
札幌一と言われるお店だけあって、本当に美味しいフグでした。
てっちりに白子を入れるのは初めてでした!

P1020003_R.jpg  P1020004_R.jpg

P1020006_R.jpg  P1020014_R.jpg



金曜の忘年会は『ハマ』

P1020074_R.jpg

今年は招待客が増え、3つの鉄板を貸切で囲むことになりました。

こちらは端の席だったので、きちんと写真を撮りました。
一番美味しかったのはやっぱりお肉かな。おなか一杯で苦しいほど。
たくさんおしゃべりできて、日ごろのストレスを発散した忘年会となりました。(^^)

P1020075_R.jpg  P1020076_R.jpg

P1020077_R.jpg  P1020079_R.jpg

P1020080_R.jpg  P1020081_R.jpg




18日の昼は、子会社のスタッフが大好きなラーメンを食べに連れて行ってくれました。
⇒らぁめん道場 極(きわみ)

P1020067_R.jpg  P1020068_R.jpg

                P1020069_R.jpg

店主一人で切り盛りするにはメニューが多すぎるような・・・塩も醤油も味噌もあります。
案の定、いろいろ忘れ物をするようです(^^; 「ご飯が来てないよ~」
私が注文したのは、辛味噌野菜ラーメン?! そんな名前でした。
本来は、緑色の小口ネギと白髪ネギがたっぷり乗って色鮮やかなのですが、抜いてしまいました(^^;
店主が何度も心配してくれるほど辛い。  というか、しょっぱい!
辛いけど、お味噌が多いのか、しょっぱいほどスープが濃くて、うむ。。。体に悪そう(笑)

でも、あぶってあるチャーシューがとろとろで柔らかくておいしかったです!!
しょっぱくて完食できず・・・ 
普通のみそラーメンは白みそ使用なのか白めで、甘くてトロ~っとしています。

最近は、いつもラーメンを食べに連れて行ってもらっているので、これがとっても楽しみです。
今度はどんなお店に連れて行ってもらえるかな?!


このあと支店に顔を出すと、こんなものが!

P1020071_R.jpg

9000ml(5升)入りの甕は、持ち上がらないほどの重さです。
でも、中をのぞくともう半分くらいに減っていました。なくなったら注ぎ足すんだそうです。
蓋を開けておくと、甘くて酔いそうな匂いが漂ってきます。匂いだけでもくらくらしそうでした。
30度ある古酒、沖縄でゴルフをした時の景品に社長がGETしてきたんだそうです。(^^;


札幌出張では、いつもおいしいものに出会えますが、贅沢を言えば、
なぜか札幌らしいもの、北海道らしいものにはありつけません(^^;
そして、自由時間もほとんどないため、ホテルと仕事場の往復ばかり。
それでも、札幌の街が大好きなので、街をちょっとでも歩ければそれで満足の札幌出張です。





Live, Love, Drive.
2009年12月22日 (火) | 編集 |
P1010788_R_R.jpg

青い新宿南口方面のイルミネーションがきれいな中、
紀伊国屋シアターにお芝居を見に行ってきました。

performance_img_2s_R.jpg

サポーターズクラブに入っている「キャラメルボックス」から案内が来て
面白そうなので、行ってみることに。

主演は、羽場裕一さんで、キャラメルボックスからも3名が出演します。


タイトルは「Live, Love, Drive. 死神の精度」 伊坂幸太郎の原作です。


P1010790_R_R.jpg

こちら、小さくて静かな雰囲気の待合室には、
30、40代の女性の姿を多く見かけました。


P1010791_R_R.jpg

有名どころとしては、みっちょん(芳本美代子)がキャストに名を連ねていました。


原作本は6編で構成されているようですが、そのうちの3編をお芝居でやりました。

P1010789_R_R.jpg

紀伊国屋シアターの客席。 今回は9列目で、役者さんの顔の表情が少し分かる距離。
目が悪くなったな~と感じました。



ストーリーは、死神(主演・羽場裕一)が派遣された人間社会で、
調査の対象が死ぬべき人物かどうかを見極めるというもの。
死神がOKすれば、その人間は死に、NGとすれば、天寿を全うする、というもの。
OKかNGか、それは死神の気持ち次第、だが、ほとんどNGはないのだとか。



最後の1つ「死神対老女」というものが面白かったです。


老女役をみっちょんがやったのですが、セリフ一つ一つが胸に残りました。
彼女は、今までに多くの身内を失い、
そのために死神が自分を訪ねてきたことに気づき、それを静かに受け入れます。
「あんた、人間じゃないね、今度は私の番なんだね」と死神に語りかけます。


死神に「死ぬことが怖くないのか?」と訊ねられても、
「自分が死ぬのなんて全然怖くない」と答えます。
なぜなら、なにも分からなくなるだけだから、と。


「それよりも身内を失う方がずっと恐ろしかった、つらかった」と。


それはまさに的を得ている答えだと思いました。
自分は死んだらなんの感情もなくなる。
でも、近くにいる人に死なれたら、それはとてつもなく辛い。
そんな辛さをイヤというほど経験してきた。
それに比べたら自分が死ぬことなんて全然たいしたことじゃない。



身内と次々死に別れ、1人になってしまった老女の言葉。


実はなんだかとてもホッとしたのです。



この先にちょっと心が温まるような、ざわめくような続きがあるのですが
簡単に文章にするのは難しいのでやめておきます。


寒い冬に、ちょっと生きるのが楽になったようなお芝居でした。



★羽場裕一さん、声がとっても良かったです。舞台がぴったりの役者さんですね。

★みっちょん、 意外と演技が上手なのでビックリ。スミマセン!

★キャラメル・岡田君、ちょっと肩に力が入りすぎてたかな~。期待してます~。

★キャラメル・畑中君、成長しましたね~。(^^)

 
勝手な感想でした。




にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



2009 冬の札幌出張 《雪》
2009年12月21日 (月) | 編集 |
連日雪マークの天気予報、気乗りしないまま飛行機に乗りこんだ12月17日の午後、
到着した新千歳空港に雪はなく、空は青く、肩透かしを食らったようでした。

車道にも歩道にも雪はなく、わずかに所々、雪が凍った残骸が歩道に張り付くばかり。
東京で見る北海道の天気予報はアバウトで、
広い大地のどこかで雪は降っているのかもしれませんが
こと札幌に限っては今年はとても雪が少ない、と聞きました。
12月の中旬を過ぎていることがウソのような景色です。

P1020052_R.jpg

これは、最近定宿にしているJRタワーホテル日航札幌の部屋(29階)から
12月18日の朝撮ったもの。
山に積もる雪も少なく、スキー場のオープンが遅れているのもうなずけます。

P1020065_R.jpg

12月18日午後。札幌ハリストス正教会も青空に映えています。
土の部分にだけは雪が残っていますが、車道にはまったく雪がなく
例年にないほど普通に歩け、楽なのだけど残念な気持ちも少し。


ただ気温は低く、昼間でも顔がしばれます(北海道の方言で、しばる=凍るという意味だそうです)。
東京より東に位置する札幌は、晴れていても4時というと薄暗くなり、1日の終わりを感じます。
そして、気温が下がります。
昼でも連日の氷点下、夜には氷点下10℃近くなるようです。

P1020072_R.jpg

大通公園のライトアップは、やっぱり雪が似合いますから、少しは降った方がいいのにな、
などと勝手なことを思いました。
雪があるとライトが雪に反射して更に美しさが増します。

大通公園を横切ってススキノへ忘年会の会場へと向います。
約2時間の会が終わり表へ出ると雪がちらちら。
気温が低く、路面も凍るように冷たいので、降った雪はすぐに積もっていきます。

P1020083_R_R.jpg  P1020082_R_R.jpg

今度は慎重に歩いて2次会会場へ。
札幌の人はとっても薄着で、「寒い」「寒い」を連発しながらせかせかと歩きます。
室内の暖房は半端なく、コートを脱いでもしばらく汗が引けないほどです。
この室内温度にあわせて薄着をする北海道人?!なんだかとっても愛すべき人たちです。




2時間ほどの2次会が終る頃には、ボタン雪がすごい勢いで降っていました。
車道も歩道ももう真っ白です。

P1020087_R.jpg

18日、夜11時過ぎ、2次会からホテルの部屋に戻って写した一枚です。
写真では分かりませんが、ホテルビルの壁に沿って雪が舞い上がり吹き上がり、
とても視界が悪くなっています。
「雪が降ってる方が暖かいよ」という同僚の言葉通り、
気温は、晴れた昼間より寒いと感じないのが不思議でした。


このまま大雪が降り続けたら明日帰れるだろうか・・・と不安なままベッドに入り
翌朝カーテンを開けると

P1020093_R.jpg

雪で少し白くなった札幌の街に薄日が差していました。
車道も歩道も真っ白に雪が積もっています。12月の、見慣れた札幌の光景です。

P1020062_R.jpg

北海道庁旧庁舎にズームしてみました。
100年以上の歴史を有する、レンガの重厚な建物が雪に映えます。


ほとんど晴れていた札幌、おかげで電車も飛行機も遅れることなく
19日午後、無事に羽田に戻ってきました。


同僚や、1年ぶりに会う会社のOB・OGさん、みんなの元気な顔を見ることができて
英気を養うことができました。とても楽しい札幌での忘年会でした。
1年、あっという間ですが、また来年ももうちょっと頑張ろうかなぁ~と
控えめながら思った次第です。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



in-kyoで・・・すみやで・・・ -2-
2009年12月17日 (木) | 編集 |
in-kyoで・・・・・・・・の続きです。


「すみや」さんでほっ一息ついたあとは、in-kyoさんで個展鑑賞。

  P1010741_R_Rw.jpg

展示は、大きなテーブルを食卓に見立てて漆器を並べたんだそうです。
なんとなくおせち料理を連想しました。和の雰囲気だなぁ~と思って。
中でも気に入ったのは、秋刀魚用の大きな楕円(横長)の器です。
長い秋刀魚が一本丸ごと収まる横長の器。16,800円!
いいお値段で・・・断念しました。2つ欲しいし・・・・

i2.jpg

さまざまな漆器が並びます。 どれも個性的でみんな欲しくなってしまいます。
布巻きやつや消し物が好きなので、好みのものばかりです。



奥は常設。

i3.jpg

季節に合わせたお鍋やグラタン皿、土のぬくもりと色が気に入りました。
今度買いに行こう!

   P1010750_R_R.jpg

リネン類や石鹸などもありました。 あんざい果樹園さんのジュースなんかも・・・
とても落ち着ける大人~な雰囲気のお店でした。


で、買ってきたものはこちら・・・
楕円の取皿2枚。 葉書よりちょっと大きいくらいの大きさかな。
漆器の下の、漆器の取り扱い方法の書いてあるものは手ぬぐい。
紙だとなくしちゃうから、と、作家さんが手ぬぐいを作ったそうで、購入者にプレゼント!

   P1010754_R_R.jpg

   P1010752_R_R.jpg

そしてネジマキさんがこの日のためにブレンドしたコーヒーのお豆、100g。
その名も「すみやブレンド」。ネジさんが消しゴムで作ったハンコが押してあります。かわいい(^^)


       P1010751_R_R.jpg

休日の午後の楽しいひと時でした。



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ




今日から札幌出張です。
毎年恒例の2晩連続の忘年会です。
相当寒いらしいので覚悟して行ってきます。



2009 タヒチ・ボラボラ旅行 雨の日はSPA!
2009年12月16日 (水) | 編集 |
ボラボラ5日目。一日中雨が降ったりやんだり。


この日は午後にSPAの予約をしておきました。大正解!!
なぜなら、SPAに訪れたり電話したりして予約する人がすごく多かったそうで
でも、当日予約はほとんど無理みたいです、人気があるんです。
あ~、早くに予約しておいて本当に良かった!


雨だと、とっても涼しくなって、プールも海も閑散として、本当にやる事がなくなるのです。
こんな日はSPAに限ります!! もしくはSPAの向かいのジム。。。

SPAの予約は14時。1時間前に来てくれと言われていたので、
ランチも早々にSPAへ行きました。海から離れて一番奥にあります。

P1000925_R.jpg
もう雨は大丈夫かな~というような空。
奥がSPA、手前がジムの屋根です。

P1010092_R.jpg
明るいSPAの入り口。

P1010094_R.jpg
教会のような雰囲気のロビーでチェックイン。

P1010095_R.jpg
WAITING SPACE。 清潔感があって落ち着ける雰囲気です。
右奥はSHOP。
オイルやモイスチャークリーム、パックなどが売っていましたが、高い・・・・(^^;

P1010096_R.jpg
女性の更衣室です。

P1010097_R.jpg

P1010098_R.jpg
ロッカーと、浴衣風のウエア。これに着替えてもよし、水着でもよし・・・?

P1010099_R.jpg
更衣室の奥のドアを開けるとリラクゼーションスペース。
ここはSPAの予約をしていなくても、いつでも誰でも使えます。
右の方にジャグジーもあります。
手前の四角がプール、奥のエメラルドグリーンは海(ラグーン)です。

P1010105_R.jpg
雲の動きが早くて、急に雨が降ってきました。
さっきまで明るかったのに・・・

P1010102_R.jpg
雀のような鳥が水浴びしていますが、濡れそぼって寒そうに見えました。

P1010106_R.jpg
うしろはこんな感じで、お水とタオルはご自由に!

P1010107_R.jpg
サウナとシャワースペースもあります。

1時間も早く来させたのは・・・ ここでゆっくりしてね、ってことだったようです。

P1010110_R.jpg
このサウナなどの施設のあるところから更に奥へ行くと、
SPAを受ける人の待合室(?)があります。

ベッドに使われているリネンはカシウェア。 気持ちいい~~!

P1010114_R.jpg
入り口に、セルフサービスの紅茶がありました。


さて、そろそろ時間です。
お迎えが来て施術ルームへ。

P1010113_R.jpg
私はフェイシャル60分、夫はマッサージ90分。
う~ん。。。まぁまぁだったかな。



正直言って、SPAは比べ物にならないくらい
モルディブ・フォーシーズンズ・ランダーギラーヴァルの方がよかったです。

メニューも豊富だし、オリジナルドリンクのサービスもあったし、雰囲気は最高だし、
カウンセリングも丁寧でした。

ここはメニューが少ない上にお値段が高めなので1回だけの利用にしておきました(^^;


SPAはイマイチだけど、サウナ等の施設はとってもいい雰囲気なので
無料で利用できるならもっと利用すればよかったなぁ~と思いました。




にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



晩秋の六義園
2009年12月15日 (火) | 編集 |
13日まで駒込の六義園では紅葉のライトアップをやっていました。
そこでお友達を誘って終了間際に行ってきました。
六義園は桜の季節に来て以来の2回目です。

  P1010941_R.jpg

年間パスポートもあるここ六義園は、言わずと知れた柳沢吉保の下屋敷。
吉保の死後は荒廃し、近年になって当時の様子をできる限り復元させたようですが
柳沢吉保の、当時の隆盛ぶりを想像するのも楽しいものです。
5代綱吉も江戸城からここまで馬を走らせたりしたのでしょうか・・・(籠かな?)
歴史好きなので、ついついいろいろと考えてしまいます。


ライトアップで、とても幻想的な園内。
でも、撮影技術のない私が写真撮影するにはちょっと光が足りなすぎて、
目で見た幻想的な美しさを写真に残せなかったのがとっても残念、無念。

P1010895_R.jpg  P1010914_R.jpg

このくらいの大きさなら、手ぶれがばれず、ちょっとは紅葉の美しさが伝わるでしょうか。。。
左は、青竹とのコントラストが美しい一角。
空に伸びる青竹の勢いと、紅葉で散りゆく紅葉の対比が素晴らしくて皆が足を止めていました。



写真に残せなかったのが残念ですが、お茶室ではお抹茶とお菓子のサービスもあるようで
お池に映った紅葉を遠くに見ながらお茶を楽しむ方々が多くいました。

P1010903_R.jpg  P1010924_R.jpg

池に面する数本の松には雪吊りも施され、金沢の兼六園のようです。
都内で雪吊りはそれほど必要ないかもしれませんが、冬の風物詩で美しいです。



P1010930_R.jpg  P1010918_R.jpg

ブルーにライトアップされた一角は、それで水の流れを表しているのだと思います、
三脚を立てて写真撮影をされている方が多くいました。




P1010932_R.jpg  P1010936_R.jpg

P1010937_R.jpg  P1010933_R.jpg

吟花亭跡付近にはもみじ茶屋が作られ、トン汁などの温かい物が食べられます。お土産も買えます。
広い通路に簡易テーブルが出ていて、ゆっくりしている人がそこそこいました。

この「そこそこ」、というのが実はミソでして、
私たち、占いをやっているのかと思ってそ~~っと近づいて行ってしまいました。
簡易テーブルにはそれぞれ筒で囲われた蝋燭が置いてあり、ゆらゆら。
いかにも、街の一角の占い師が占いをやっているかのようだったのです。



駅前の道路も昼より交通量が減るので、園内に入ると外の喧騒があまり感じられなくなります。
枯れ葉を踏みしめて歩いていると、奥多摩を歩いているような、
ハイキングをしているような気分にもなれます。
枯れ葉の匂い、やっぱり好きです。


ショートトリップ気分、
だけど方向音痴なうえ暗さも手伝い、園内ではどこを歩いているのかいまいち迷子状態。
気がついたら入り口付近に戻ってきていた、という次第でした(^^;
今度は明るい時に再訪して、園内の造りをMAPと照らし合わせて
もうちょっとじっくり歩いてみたいものです。(^^)



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



つい最近、とても気に入っていたある方のブログが非公開になってしまいました。
それを機にちょっと考えまして、
初心にかえり、自分のための備忘録にしばらく徹しようかと思いました。

40の声を聞き、低下した記憶力を補うためと、たまった写真の整理のために始めたブログ。
始めてみたらコメントいただくことがとても嬉しかったのですが
考えるところがありまして、しばらくコメント欄を閉じようと思います。

いろいろなお店のことを書いたりしてきたので、
もしかしたら参考にしてくださっている方もいるかも知れず、
とりあえず「公開」のままでマイペースにUPしていこうと思います。

いつもコメントくださる方々、本当にありがとうございました。


PS 拍手ボタンのみ当面は残そうと思います。
   間違った記載や、ちょっと違うな?と疑問をもたれたりしたら
   ご遠慮なくこちらにご指摘いただければ、と思います。
   よろしくお願いいたします。 ぺこり。



in-kyoで・・・ すみやで・・・ -1-
2009年12月14日 (月) | 編集 |
雨が降ったりやんだり、銀杏の木もだいぶ色づいた11月下旬。

      P1010734_R_R.jpg

器や生活雑貨のセレクトショップ・in-kyoさんに行ってきました。
この日は、漆器作家さんの個展と食堂「すみや」がOPENするというので
曇り空の東京をドライブがてら・・・

 P1010737_R_R.jpg

隅田川近くの、ちょっとおとなしい場所にin-kyoさんはありました。


ドアを開けるとさっそく漆器がたくさん並んでいます。
どれもステキなものばかり・・・・・

 
でもまずは「すみや」へ。


メニューはいたってシンプル。
食事モノといえばロールキャベツのみ。

 P1010742_R_R.jpg

昼食後、まだそれほど時間のたっていない午後だったのでロールキャベツは諦めて
軽食の「自家製レバーペースト&アップルバターset」と、drinkにしました。

i.jpg


実は私はdrinkが目当てなのでした、なぜなら、ねじまき雲さんが出張してきているから!!
ネジさんのコーヒーが飲みたくて、ネジさんのコーヒーを買いたくて
ここに来たようなものなのです・・・(^^;


この日、ネジさんの作るコーヒーは3種。

★すみやブレンド(ネル出し)
★スパイスカフェオレ(スパイス3種+黒糖・黒胡麻きな粉入り)
★自家製カルーアミルク(自家製コーヒーリキュール使用!)

悩んだけど、スパイスカフェオレにしてみました。


今回の食堂「すみや」は、個展をされている作家さんの漆器でお食事を楽しむ食堂。
赤い大きな漆器のカフェオレボールでカフェオレが出てきました。
持つと手にしっとり優しいです。


スパイスカフェオレは、複雑なお味。
きっと自分では怖くてブレンドできないだろうな、スパイス・・・
温まりました(^^)


レバーペーストは、レーズンパンに塗ってあって、
リンゴのコンポート(?)の酸味とよく合いました。
(私は実はレバーがいまいちダメなので、夫が食べたのですけど)


器もカトラリーもすべて漆器で、個展をされている方の作品。
お隣のin-kyoさんで購入できます。
こういうコラボっていいなぁ~と思いました。
使って気に入ったもの、使いやすかったものを買えるので。
軽くて温かくて、ホッと和めました。 in-kyoさんのことはまた後日。。。



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ




2009 タヒチ・ボラボラ旅行 初ジェットスキー
2009年12月11日 (金) | 編集 |
10月のボラボラ旅行記をちょこちょこ継続しています。


ボラボラ旅行5日目は終日雨が降ったりやんだりでした。

4年前の7月は一度も降られなかったし、昨日も朝だけでやんだのに・・・
10月はお天気の変わり目で、雨など荒れる日が多いそうです。

   P1010079_R.jpg

いつもお願いするオムレツ・・・・・・
今日は若いお兄さんが担当で、作るのが早かっただけにちょっと雑。
あんまり美味しくなさそう~(笑)

ミックスジュースとストロベリーヨーグルトが色鮮やか。
雨なのでちょっと気分を明るくしてみました。


そして、午前中は、ジェットスキーを予約してしまいました。
この日はイギリス人夫妻2名(別々に乗る!)と、私たち夫婦の3台。
インストラクターの後ろを時速40kmをKEEPしてついてきて、と言われました。

   PA150089_R.jpg


私は夫操縦の後ろで腰にしがみついていました。
なぜなら、40kmではどんどん引き離されていくので、夫もどんどんスピードを上げるからです。
インストラクターのお兄さん、速い! 40kmって言ったのに~~!

出発する頃は雨も止んで、良かった~と思ったのもつかの間。
風雨が激しくなり、ほほを打つ雨で痛いしびっしょりだし・・・・
波もちょっと高くなって、途中2度ほど休憩。

   PA150091_R.jpg
    ↑ 操縦に満足の夫です(笑)

2時間ほどでボラボラ一周は終了~。雨は降ったりやんだり。
楽しく激しいジェットスキーでした。 今度は運転に挑戦してみようかなぁ~。


雨はこのあとも降ったりやんだり・・・



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



両国でちゃんこ
2009年12月09日 (水) | 編集 |
この季節になると無性に食べたくなるちゃんこ鍋。
そうです、ただ、寒いから、ですね。


20代前半に友人に紹介されてからすっと行き続けている両国のちゃんこ鍋屋さん、
冬は、特に12月は予約が取りにくくなります。
そしてこの土曜日も案の定予約が取れず・・・・(涙)


でもちゃんこが食べたくて、その近くの、別のお店に予約なしで行ってみました。

P1010878_R.jpg

→ ちゃんこ 川崎

こちら、正統派の老舗ちゃんこ店、だと思います。(たたずまいから察するに・・・)

P1010865_R.jpg

運よくカウンター(6席)の端っこが空いていました。ラッキ~♪
(厳しそうに見えて実はとっても優しいオヤジさんの横顔です)

P1010863_R.jpg

昔ながらのガスコンロ。
カウンターは狭いけれど、奥が木だからあんまり押さないで、と言われます(^^;

メニューは、ちゃんこ鍋と、ちゃんこコース。
単品は焼き鳥くらいかな。

ちゃんこ鍋を2人前頼んで、あとはつくねやお漬物など。

k.jpg

焼き鳥を注文する方が多く、と~ってもおいしそうでした。
そしてこのつくねも、すごく美味しかったです!

P1010866_R.jpg

P1010867_R.jpg

たくさんの鶏肉と、山盛りの野菜がカウンターに並びます。(↑ 両方とも2人前です)
鍋に入れるのは、お店の人がやってくれます。
まずは鶏肉を全部入れて、その上から野菜を、山盛りの形を崩さないように
お皿の上を滑らせるように入れてくれます。

P1010869_R.jpg

鶏肉は、モモと砂肝とレバーだそうです。
お鍋がくつくついいだすと、すぐに蓋を取りに来てくれます。

オヤジさんが「もう鶏肉は全部いいよ、早く食べて」とおっしゃいます。
早く食べないと、ダシが出て、ガラになっちゃうんだそうです。(^^;

野菜をちょっと脇へどけて、鶏肉を引っ張り出して・・・・

P1010871_R.jpg

モモとレバーです。
こちらのスープは、最も伝統的な本格派ちゃんこ、ソップ炊きだそうです。
お好みで、七味と山椒を使ってね、但し、最初は使わないでとオヤジさんがおっしゃいます。

食べて納得!


P1010870_R.jpg

野菜からどんどんダシが出て、スープをすくうたびに味が変わります!
そして七味を入れたり山椒を入れたりして、3杯目、4杯目とお箸が進みます。
おいしい!! はふはふ・・・ 熱い~

途中でオヤジさんから三つ葉が渡されます。
しゃぶしゃぶの要領で食べるように、と。
これがまた美味しかったんです、三つ葉がこんなに美味しいなんて!

でも、最後に雑炊を注文する場合、この三つ葉はちょっと残すのがコツのようです。
全部しゃぶしゃぶしないこと。。。だそうです(^^;


そろそろお鍋の中の具がなくなってくると、「雑炊」を勧められます。
ご飯の量は、どのくらい食べたいか、食べられるか、聞いてくれます。
私たちは、おなか一杯だったけど、雑炊の誘惑に負け、
2人とも1杯ずつしか食べられない、だけど食べたい、と伝えました。

P1010873_R.jpg

雑炊もお店の方が作ってくれます、麦飯でした。すご~く新鮮な卵を割り入れてくれて待つことしばし。

P1010875_R.jpg

卵はきっちり半熟。お鍋の蓋を取るタイミングが絶妙です、さすが!
おいし~、すごくおいし~!!
これだけ食べにきたいくらいのおいしさです。寒い冬にはぴったりの熱い雑炊です。
おなか一杯、大満足のちゃんこでした。

P1010872_R.jpg

貴花田、曙、若花田・・・何年くらい前になるでしょうか、懐かしいです。


P1010879_R.jpg




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



いつも行くちゃんこ屋さんはまったく違う味。具材。
そちらのお店のことはまたいつか。。。




談合坂SAにて
2009年12月08日 (火) | 編集 |
百名山・金峰山登山の帰り、お決まりの小仏トンネルの渋滞を聞き、
空腹に耐えかねて、談合坂SAでお夕飯にすることにしました。

同じような考えの人がたくさんいたのでしょう、談合坂はかなり混んでいました。


佐世保バーガー発見!  なるも、本日の営業は終了。。。残念!

結局、食券を買って、フードコートで食べることに。

 d2.jpg

こちらのフードコート、ちょっとシステムが最新?! 初めて見たシステムです。

まず、食券を購入(券売機にて)
     ↓
食券には、3桁のナンバーが振ってあり、食券を持ったまま席で待つ
     ↓
受取窓口上にある、現在料理中ボードに番号が表示される
     ↓
数分後に、出来上がりボードに番号が表示され、ナンバーをアナウンスされる
     ↓
各自カウンターへ取りに行って、食券と引き換える!

 P1010704_R_R.jpg

座るところを見つけるのが大変なくらい混んでいましたので、
席を確保してから食券を買わないと大変なことになってしまいます。出来上がってしまうので・・・

でも、混乱がおきにくい、いいシステムだな~と思いました。(^^)


 P1010705_R_R.jpg P1010708_R_R.jpg

にぎわうお土産物売り場と速弁売り場。広くて楽しいです。


面白いご当地物をいくつか・・・

 P1010707_R_R.jpg

 P1010709_R_R.jpg

 P1010710_R_R.jpg

上から、チーズフォンデュおやき、味噌プリン、柿の種・野沢菜わさび味。

こういうご当地ものを見ると、旅行に来たな~という気分になります。(^^)



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



お肉が食べたくて
2009年12月07日 (月) | 編集 |
登山で疲れたあとにはお肉が食べたくなるんだそうです・・・
で、夫のたってのリクエストで、割安なランチにステーキを食べることにしました。

⇒目黒雅叙園・ハマ

P1010728_R_R.jpg


以前からランチではよく利用するここ。
なぜなら、5000円ほどのステーキランチの前菜にフォアグラがチョイスできるから!

ハマは都内に3店舗ありますが、フォアグラがランチで食べられるのはここだけなのです。
 
P1010714_R_R.jpg

サーロインステーキ(150g)ランチ:5250円、
フィレステーキ(120g)ランチ:6850円 だったかな。

お肉の増量や、
ご飯をガーリックライスや焼き飯へ変更する希望は追加代金で受けてくれます。(^^)


夫はサーロイン+50g、
そして二人とも白いご飯を焼き飯に変えてもらいました。
ハマの焼き飯、大好きなんです。

まずはアペリティフかな? 湯葉豆腐イクラ乗せ。

P1010715_R_R.jpg


前菜は、フォアグラか、タラバガニと帆立のブイヤベース風。
夫はもちろんフォアグラ。
私は健康診断が近いし(?)、ブイヤベース風にしました。

P1010716_R_R.jpg P1010717_R_R.jpg

続いて、赤軸ほうれん草のソテー。
これはサラダでもOKなほうれん草だそうで、ささっと手短にソテーしてくれました。
あくが少なくておいしい~~!
それと、トマトと長いものサラダ。こちらはセロリが利いていました。

P1010718_R_R.jpg P1010719_R_R.jpg


鉄板上、お肉の隣では既に焼き飯が始まっています。

P1010720_R_R.jpg


そしてメインのお肉。 うむ・・・ おいしい!

ハマは、たまねぎのお醤油ソースと、サルサソースなのですが
私はサルサの方はどうもお肉に合うと思えず使いません。
これは外人さんに人気があるおソースだそうです。

P1010722_R_R.jpg

↑夫の頼んだサーロイン200g。

↓私のフィレ120g。  ともにレアです。

P1010723_R_R.jpg

ちょっと物足りなくてマスタードをいただきました。
マスタードとお醤油っていうのがここでは一番合うかな~と思っています。(^^)

P1010724_R_R.jpg P1010726_R_R.jpg


焼き飯、大粒のアサリのお味噌汁、モヤシ炒め、お漬物。 盛りだくさんのランチです。


お肉をちょっとだけ交換して・・・
ん?サーロインの方が甘くて美味しいかな。(^^)
はぁ~、大満足、おなか満腹です。


デザートは場所を変えて。

秋の味覚のデザート。
マロンのシロップ漬け、マロンアイス、かぼちゃのプリンでした。

P1010730_R_R.jpg P1010727_R_R.jpg

マロンアイスはマロンの味バッチリ! 美味しかったです。
かぼちゃのプリンはかぼちゃの味がしなくて・・・・
きっと甘みの少ないかぼちゃを材料にしてしまったのかな。。。



この日も雅叙園は披露宴が一杯でした。 
なんとなく賑やかで華やかな気分になる雅叙園でのステーキランチでした。




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


11月の下旬にも百名山を1つ登ってきました。もしよろしければ写真だけでも・・・⇒ 



2009 タヒチ・ボラボラ旅行 日本食?!
2009年12月04日 (金) | 編集 |
ボラボラ旅行4日目の夕食は、Sunset Bar です。
実は親しくなったフルムーン(金婚式ご夫婦)カップルに勧められたのです。
ここで、お寿司が食べられるよ、意外と美味しかったよ、って。

P1010065_R.jpg
 ↑ テラス席から店内、天上を見上げて。


P1010064_R.jpg

まずお箸が出てきました。
英語で、お箸の使い方が書いてあります。

最近は世界のどこにでもある中華街のおかげでお箸を使える人が多くなっているそうです。
和食ではなく、中華料理がお箸の普及に貢献しているんだそうです。

P1010063_R.jpg

根菜チップスとチリソースです。 これはいわばお通しですね。


P1010073_R.jpg

お寿司は、個数とネタを選べるようになっています。

マグロ、サーモン、エビ、アナゴ、海苔巻き、カルフォルニアロール・・・
そんなところでしょうか?
マグロなどは、まぁまぁ美味しかったです(^^)


P1010074_R.jpg

もう一品は、「ロメインレタス」という文字に魅かれて、こちら ↑
ロメインレタスと鶏のパルミジャーノサラダ・・・?なんだか名前は忘れてしまいましたけど
鶏はちょっとパサパサで量が多く、全部食べ切れませんでした。


デザートに、エスプレッソバニラとでも言うのでしょうか、
バニラアイスのエスプレッソ掛けが食べたくて、メニューにないけどできるかどうか
お願いしたところ、「まかせとけ!」って感じのリアクションがお兄さんから返ってきたので
ウキウキ楽しみにしていたら・・・・
P1010077_R.jpg

フツーにバニラアイスが出てきました。。。。 あれ~?
振り向いても、エスプレッソが出てくる気配はなく。(^^;


仕方ないのでもう一度「エスプレッソを!」と注文したら
これまたフツーにエスプレッソをさっきのお兄さんが持ってきました。(笑)
お兄さん、まったく悪びれもせず。 要は、全然理解してなかった、ということでしょうね。


溶けかけたバニラアイスにエスプレッソを掛け満足!(^^)

でも夫は、一生懸命伝えた英語が伝わっていなくて悔しそうでした。

そういえば、バニラアイス、いくつ?って聞かれたなぁ~と思います。
で、2個と答えたのですが、お兄さんの頭の中には最初からただのアイスしか
なかったのでしょうね。


この夜も雲の間から無数の星が瞬いていました。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



晩秋の東京散歩
2009年12月03日 (木) | 編集 |
11月の終わり、中目黒から代官山をお散歩してきました。

中目黒は、目黒川沿いのフレンチを予約しておいたのでそちらへ。

→ BISTRO KHAMSA (ビストロ ハムサ)

フレンチと言っても、ちょっとモロッコ風だと聞いた通り、
店内はフランスというより、アラブ(?)っぽい雰囲気・・・

ランチはオードブル・メイン・デザートがそれぞれ選べて1,500円とリーズナブル!

P1010805_R_R.jpg

オードブルは、鶏白レバーの○○○○サラダ仕立て(←忘れた・・・)

かなり食べ応えのある量です!
レバーは食べやすかったです。

P1010807_R_R.jpg

メインは仔羊のクスクス。
ちょっとスパイスが苦手かも・・・・ 仔羊も固くて臭いが気になりました(完食できず・・・)
ご一緒したお友達も「豚モツ」の煮込みなるものを残してました、こちらもクセのある匂い。
ごめんなさい、私のお店選択ミスでした。。。
次回はきちんとリサーチしてからお誘いしようと思います。


P1010808_R_R.jpg

デザートはリンゴのタルト、ん、まぁ、普通に美味しいです(^^)
これにコーヒーか紅茶がつきます。

フレンチというより、ちょっとモロッコ料理といったほうがいいのかも。
メニューも、内蔵系が多く、好き嫌いの分かれるお店かなと思いました。

ただ、目黒川に面したビルの5階。 明るくて気持ちが良かったです。
お席も、予約で一杯でした。


この後はのんびりゆっくり歩いて代官山へ。

行ってみたかったのは、旧朝倉家住宅です。

P1010819_R_R.jpg

ヒルサイドテラスの裏にこんなお屋敷があるなんて知りませんでした!
昨年から一般公開されるようになったようで、なんと100円です!

P1010812_R_R.jpg

政治家・朝倉虎治郎が大正8年に建てたこの住宅は、2階建てで、広いお庭も見事です。
小樽にある旧青山別邸をちょっと思い出しました。
豪邸を作るとき、お金の有り余る人というのは、素材にこだわるんだな~と。。。
この部屋は杉の木目を「板目」で見せる、という板目材をふんだんに使ったお部屋だそうで
相当の財力がなければできない芸当だったようです。

一方の青山別邸にはたも材の階段というのがあり、素晴らしい木目です。
この階段だけで家一軒建つというような高級木材だそうで、見学したときには目を奪われました。


P1010809_R_R.jpg

畳に静かに座ってお庭の紅葉を眺めていると、都内にいることを忘れます。

P1010815_R_R.jpg

広いお庭は玄関脇から別に見学することができます。

P1010814_R_R.jpg

建物が複雑に入り組んでいて、お寺などに良くある中庭もあり見事です。

P1010818_R_R.jpg

建物内部から見る紅葉。いろいろな木々が茂り、四季を通じて楽しめると思います。
1階の、会議室に改築されたところには椅子もあって、
座って紅葉のお庭をゆっくり見ることができます。


P1010821_R_R.jpg

玄関脇、お庭への入り口です。 今回は時間がなくお庭を歩くことはありませんでしたが
庭の先は斜面が落ちるようになっていて、(目黒方面に向って坂になっている)趣があります。


ヒルサイドテラスのおかげか、旧山手通の喧騒も届きません。
静かに時間を過ごしたいときにぴったりの場所です。

時間のあるときにはまたゆっくりとお庭も歩きたいなと思いました。(^^)


このあとは代官山の賑やかな辺りへ。
久しぶりに歩く代官山。随分変わったなぁ~。路地にもたくさんオシャレなお店ができて
本当にビックリしました。
しかも年齢層が低い! 20代前半の男女が多くてちょっと臆してしまいました。(^^;

ステキなレストラン、オシャレなセレクトショップ、雑貨屋さん・・・
またぶらぶらお散歩したい街です。



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



東十条・麺処 ほん田
2009年12月02日 (水) | 編集 |
久しぶりのラーメンネタ、久しぶりの新規開拓です。


つけ麺が食べたいと夫が言うので、
付け麺ランキングで評価の高いこちらのお店へ行ってみました。

→東十条・麺処 ほん田

     2009103019320000_R.jpg

平日の18時過ぎ、交差点の角にある店の前には既に8人くらい並んでいました。
お店の外にはいくつか椅子があり、順番が近くなると座れます(^^)


このお店、まずはドアを開け、店内にある券売機で食券を買い、
それから行列に並ぶというシステムです。

メニューは豊富で、塩、醤油、つけ麺といった感じでした。


20分くらい並んだでしょうか。

私はこの日は温かいラーメンの気分だったので醤油ラーメン。

  2009103019450000_R.jpg

たしか、特製ラーメンだったかな。ネギ抜きです。

麺は細麺ストレート。

チャーシューと豚バラ、味つけ玉子がつくのでとっても食べ応えがありました。
海苔にちょっと隠れたピンク色のがチャーシューです。
その上のは、バラ肉です。

スープがとっても美味しくて、感動!
丼の縁にある黒いものは、焦がしたまねぎだと思います。
コクが出ますが、途中でちょっとしつこく感じてしまいました。
今度はこれも抜いてもらおうかな(^^;



夫は予定通りの濃厚豚骨魚介つけ麺。

  2009103019460000_R.jpg

つけ麺は、更に魚介風味か柚子風味か選べるのですが、
夫は柚子を選んでました。
違うのでしょうかね~? 今度は魚介を注文してみる!と言っていました。

こちらは太目のちぢれ麺。
チャーシューと豚バラが同じくついています。

TETSUよりおいしい!と喜んでいました。(^^)

豚骨&魚介のダブルスープ、流行ってますよね??
最近多く見かけますが、どのお店も今のところおいしいです!



ここほん田、若い方が店主なのかな??
若いお兄さんと中年のおじさん、若いお姉さんという3人のスタッフでした。
丁寧に作っている感じがしました。


美味しかったです~♪
帰る頃には行列がだいぶ伸びてました・・・・



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



2009 タヒチ・ボラボラ旅行 バイタペへ。
2009年12月01日 (火) | 編集 |
タヒチ旅行4日目、この日は朝から雨。
タヒチでの初めての雨です。

  P1010027_R.jpg

でも、朝食を食べに行く頃には止んだので、元気よく朝食に出かけました。

  P1010029_R.jpg

いつものオムレツ。
この日はチーズがたっぷりコッテリ。
昨日も一昨日も同じお姉さんが作ってくれたんだけど、
この日のはプックリしていて美味しそうです。


午後から、フィッシャーマン・ジョーダンのトローリングを申し込んでいましたが
天候を危ぶんでジョーダンからキャンセルしたいとの連絡。

まっ、それはそれでいいか、と思って、急きょ、バイタペへ行くことにしました。


バイタペ : ボラボラ本島にある一番大きな町。
モツ(島)のあるホテルからはボートで30分ほどかかります。しかも有料です。
最近は、バイタペまでのシャトルボートを有料にしているホテルが多いようです。

  PA120017_R.jpg

バイタペの港はこんな感じ。
各ホテルからのシャトルボートなどもちょこちょこ停泊しています。

  P1010030_R.jpg

ボートから降りるとすぐにマーケットがあり、おみやげ物を買うことができます。

  P1010031_R.jpg

まだ雲が多いですが、だいぶ暑くなって来ました。
ちょっと港周辺をお散歩することにします。まずは港から左へ北上です。

  P1010033_R.jpg

右奥の赤いお屋根が教会です。
4年前に比べて車が増えたように感じました。 びっくり!

まずは左手へ。 
こっちには島で一番大きなスーパーマーケット、チンリーショップがあります。

  P1010036_R.jpg

奥行きのある、広い店内にはいろ~んなものが売られています。

  chi.jpg

日本のスーパーと全然遜色ありません!
別荘に長期滞在する方にも便利なんだろうと思います。

散歩をしていると、銀行やショッピングモールやレストランがちょこちょこあります。

  b.jpg

左:やっているのかやっていないのか分からないイタリアン。
右:ホテルのスタッフに「オススメできない」と言われた中華「ル・パンダドール」。

この辺りで引き返して、今度は南下することにしました。
 
  b2.jpg

とりあえず港からの道まで。  
ここには4年前にお世話見なったレンタカーやさんがそのまま残っていました。

しばらく南下したのですが、あまりに何もなく、暑く、港まで戻ることにしました。

で、港付近のCafe(?)でお昼。

  P1010054_R.jpg

小さなショッピングモール(?)の奥にあったALOE CAFE。
ここで、ホテルに戻るボートの時間まで時間つぶし・・・・

  b3.jpg

ボロネーゼと、アイスの盛り合わせ(バニラ、チョコ、マンゴー)です。

付近には、路上で果物を売る人たちがいたりして、ちょっとタヒチらしい光景かもしれません。

  P1010035_R.jpg


ここヴァイタペ。
4年前より明らかに寂しく、汚い雰囲気になっていてビックリしました。

モツ(島)に大きなホテルができ、ホテルからヴァイタペまでのボートはほとんど有料。
ホテルからヴァイタペに来る人は減り、そして世界的な不況。
すっかり打撃を受け、お土産物屋さんやレストラン、ホテルも次々閉店しているとか。

お土産物屋さんもレストランもないとなると、観光客は益々ホテルから出なくなり、
なんだかモルディブと変わらないなぁ~と思ってしまいました。

寂しく汚い雰囲気に、ヴァイタペはもう行かなくてもいいかも、と思ってしまいました。


ただ、ジープサファリや登山などのオプショナルツアーはヴァイタペ発なので
こういったツアーに参加する人はヴァイタペに行かないとなりません。
でも、オプションも値段が高いので、参加者はとても減っているそうです。

また、ホテル-ヴァイタペ間のシャトルボートの時間があまり良くなくて
有料な上に時間的に不便なので、
本当に行きにくいところになってしまったという印象が残りました。


前は、いいホテルが本島にあり、ステキなフレンチレストランもあったのですが
変貌ぶりに本当にビックリしました。そして残念に思いました。

残念で寂しい思いを胸に、シャトルボートでホテルへ戻りました。




にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。