遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴーギャン展
2009年09月08日 (火) | 編集 |
東京国立近代美術館に『ゴーギャン展』を見に行ってきました。

P1000031_R.jpg


閉幕まであとわずか。
お尻に火がついたような気持ちで・・・(^^;

P1000032_R.jpg

ゴーギャンって、こういうお顔だったのですね・・・


一言でいえば、
『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』
【D'où venons-nous ? Que sommes-nous ? Où allons-nous ? 】(原題)
という、大作を見るための展覧会だった気がします。(↓絵葉書です)

P1000060_R.jpg
 
それ以外の絵(数はそれほど多くない)は、この大作のための序章でしかなく
この大作を見てしまったあとでは色褪せて感じられたのです。
(あくまで私見です)


印象派と言えば、個人的にはモネがダントツで好きで
(これが一番好きな、「雪のアルジャントゥイユ」)
モネ

ゴーギャンには今までそれほど興味がなく、
ただ、タヒチの女性を明るく奔放に描いたという印象を持っていたのですが
このゴーギャン展に出かけて、ゴーギャンのタヒチの絵のテーマが
全然明るいものではないということを知りました。。。 
え~っと、今更って感じなのでしょうか・・・(^^;


この大作を描き上げたあとのゴーギャンは、もういつ死んでもいい!
というような心境だったようですが、(実際に自殺未遂してるし・・・)
ピカソの大作 『ゲルニカ』に通ずる印象を受けました。
ただ横長っていう共通点だけではなく。
といっても、『ゲルニカ』の実物を見たことはありませんが・・・


館内は撮影禁止なので、気に入った数点の絵の絵葉書を買ってきました。

P1000057_R.jpg

この絵は、川で洗濯している女性たちを描き、
労働の美しさを表しているにもかかわらず、
左手前に女性2人のアップを入れることで絵に不安定さが生まれる、とありました。


P1000058_R.jpg

こちらは、2人の女性を大きく描きながらも、
手前黄色い服の女性の全体を描かなかったことが当時ではとても珍しく
その構図が話題になったんだとか。


どちらも構図が面白く、画家の感性に憧憬を覚えました。
私は絵心が全くないので、絵を描ける人は無条件で尊敬していますが
構図の選び方は描き手それぞれ。
写真も同じかもしれませんね、どこを切り取るか、クローズアップするか・・・

芸術的センスに脱帽です。



美術館のアートショップです。
なんだかこういうところって涼しい感じの空気で、ちょっと好きです。

P1000047_R.jpg



ちなみに、ここ近代美術館から東京駅までは無料送迎バスが出ています。

目立つかわいいバスでした。

P1000051_R.jpg




**余談**

どうして閉幕間際に焦って出かけたか。。。

10月にタヒチ旅行を計画していて、今東京で見ておかないと
タヒチでは何も見られないのかな、と思ったからなのでした。
みんな日本に貸し出してしまって・・・


ところが!

いざ近代美術館に出かけてみると、「ボストン美術館」「プーシキン美術館」といった世界の名だたる美術館からの貸出ばかりで、「ゴーギャン博物館」蔵という文字が1つもありません!


戸惑いながら50点ほどの大小さまざまな絵を見て、
そして調べたところ、タヒチのゴーギャン博物館は
ゴーギャンの作品をひとつも所蔵していないとのこと。
これには驚きました!

世界中に散らばったゴーギャンの絵。
でも、愛したタヒチにその絵は1つも残っておらず。
(みんな焼かれてしまったのだとか・・・・)

最後はそんなタヒチをも捨てて更に辺境へ移住し
亡くなっているのですね、56歳で。


それにしても・・・
画家というのは、多くの若い女性を愛し子をなす生き物なのですね・・・
タヒチには、今もゴーギャンの子孫がひっそりと暮らしているそうです。




にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



コメント
この記事へのコメント
ゴーギャン展、ちょっと気になってました・・・
私も印象派のモネが好きで一時ポスターとか集めてました。
一番好きなのはパウル クレーです。
ゴーギャンの絵ってあまり好きではないのですが、構図の視点から見ると確かに面白いですね。
10月の旅行どこに行かれるんだろう?って気になってましたが、
タヒチでしたか!何となくヨーロッパかと思ってました。
タヒチの海綺麗なんだろうな~写真楽しみにしてます!
2009/09/08(火) 18:28:56 | URL | suku #TY.N/4k.[ 編集]
こんばんは(^o^)丿
芸術の秋だわね~~~♪
私は、ちょっとかわってる感じの絵が好きで・・・
(^_-)-☆タヒチ行く前に観ておいて良かったんじゃない
色んな意味でまた、タヒチが面白くなるかもよ・・・
最近、美術展行ってないなぁ~~~。
2009/09/08(火) 19:07:46 | URL | megu4623 #-[ 編集]
ゴーギャンですか~
印象派の巨匠というだけしか知らないんですよね…
オルセーで少し作品があったなぁという印象で。
しかし、画家はホントに波乱の人生というか…
ゴッホなんかもそうなんでしょうけど、
おとなしい人は絵を描いてはいけのいのか!
というくらい荒波の人生ですよね。
いやはや…
2009/09/08(火) 20:23:29 | URL | kyunta #-[ 編集]
私もモネが好きですけど、この雪の絵は知らなかった~。
とってもいい絵ですね!!どこにあるのかしら。

ゴーギャンのタヒチの絵は、好きじゃなかったけど、
jasmineさんのお話で、ちょっと興味を持ちましたよ~。

スーツケースに入れてタヒチに連れて行ってほしいーー^^
2009/09/08(火) 22:54:05 | URL | tamaco #lFVfuCUk[ 編集]
ゴーギャン
ゴーギャン タヒチで自由奔放な生活から創りだされた絵画ですね。
この絵に惹かれてタヒチへ行く人も多いでしょうね。
ポチツ
いつも応援ありがとうございます。今日はサギ草展からです。栽培同好会によるもので毎年行われています。まずはその全容です。
2009/09/09(水) 07:11:05 | URL | ゆうこく #OvRzTSuc[ 編集]
v-5sukuさん、やっぱりモネがお好きですか!
同じ好みで嬉しいです(^^)
パウルクレー、優しい色使いですよね。
タヒチ・・・ sukuさんにはお伝えしたと思っていました!スミマセン。
でも、タヒチ島からボラボラ島への乗り継ぎ国内線がすごく悪くて
旅行会社に交渉中なのです・・・・
半年近く前に予約したのに。
国内線って、旅行会社の力が出てしまうみたいです(涙)
なので、ちょっと悩み中です。
海の色は、とってもキレイです、タヒチ特有の青!
近々、以前の旅行記でご紹介しますね♪


v-5meguちゃん、私もと~っても久しぶりの美術展でした。
変わった絵? どんなのが好きなのかな。(^^)


v-5kyuntaさん、印象派の中でも正統派ではないですよねゴーギャンって。
ゴッホの耳切り事件、実はゴーギャンが切ったという説もあるんだそうで
画家とは狂気を含んだ生き物だな~と思いました。
自分の欲望や感情に正直なだけなのでしょうか・・・?


v-5tamacoちゃん、この絵は確かNHKの番組で取り上げられたことがあって
そのときにひと目惚れしたんですよ。
なんと! 上野の西洋美術館にあるんです。
あはは・・・灯台下暗し?! 今度見に行きませんか!
ゴーギャン、とっても良かったですよ。
「我々は・・・」の絵は、迫力があって、訴えるものがありました。


v-5ゆうこくさん、私も自由奔放だと思っていたら
真逆というか・・・(^^;
絶望の中で旅立った土地、だったのですね。
生と死をテーマにした作品に惹かれましたよ。
ところで、ゆうこくさんはどうしてそんなに植物の名前に詳しいのでしょう!尊敬しちゃいます。
2009/09/09(水) 09:33:10 | URL | jasmine #-[ 編集]
ゴーギャン。好きです。
たまたま、今日病院の図書室の本を読んでいたら
タヒチのゴーギャンの絵の色遣いって、
陰がみんな紫色にかかれてるんだって。
それは、どうも薬物をやっていてトリップしたときに
描いたものでは...という説があるんだって
マジックマッシュルームかな?ってことでした。

どんな本読んでるんだよっっ。って感じですが
なるほどーーー。と思っちゃった。

わたしも一番好きなというか、魅入った絵画は
sukuさんと同じパウル・クレーです。
モネの大型の点描画jは飲み込まれるようですよね
心を真っ白にして、美術家で名画と向き合う....
最近ご無沙汰です。
食べてばかりじゃ.....ハハハ
2009/09/09(水) 17:54:46 | URL | Kyoko007 #-[ 編集]
v-5kyokoさん、絵画の解説本を読むと面白いですよね。
気づかなかったことが書かれていて、「へぇ~」と感心します。
ゴーギャンは、晩年はそうとうの薬漬け生活だったようです・・・
というか、かなりの病気持ち(梅毒とか)で、そういうことにもだいぶ絶望していたようです。
なのに! 最後は14歳の少女を奥さんにして・・・
画家って、難しい生き物です~。
2009/09/10(木) 10:03:25 | URL | jasmine #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。