遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レッドクリフ
2008年12月26日 (金) | 編集 |
トニーレオンのファンなら見なきゃダメ!とか、
その他あちこちからのオススメ、高評価に後押しされて、
ようやく「レッドクリフ」を見てきました。

2008122500220000_R.jpg

プログラムの表紙の赤い背中は敵の「曹操」ですね。
まさに赤壁の戦い前夜といった光景です。


この映画、トニーの名前が一番に載っているのに、主演のはずなのに、金城武の方が完全に前面に出ているような気がしてしまったのは私だけでしょうか?
確かに諸葛孔明のほうが周瑜より有名だし、仕方ないか・・・
しかも金城武の諸葛孔明は、とっても涼しげで聡明な雰囲気が良く出ていました。

2008122500230000_R.jpg

そして、中国語がうまかった!
本当に中国語しゃべれるんだ~と思いました。(^^;
一応中国語を勉強したことがあるので、少し聞き取れるのですが
トニーより金城武のほうが普通語(プートンホァ・北京語)はうまいかな?と思ったほど・・・
きっと2人のときは広東語で会話しているんだろうな~。


だけど、トニーレオンファンとしては、なんとかしてトニーを前面に!なんて思いながら見ていたわけで・・・

2008122500220001_R.jpg

ストーリーよりもトニーレオン!ってわけじゃないけど、
ストーリーは三国志ファンとしてはイ・マ・イ・チ(すみません!) 
勧善懲悪という色が強くて、
その方が見ていておもしろいのだろうけど、
もちろん私だって曹操は好きじゃないけど、
それでも、曹操を悪く描きすぎじゃないかな~と思った次第です。
曹操軍には、羨ましくなるくらい優秀な武将がたくさんいたはずなんですけど。
それも私が読んだ本によると、ですけどね。


そして「Part.2へ続く」という文字。
あっ、Part.1は序章、なのね。。。。(^^;

戦闘シーンはあまり好きじゃないので、Part.2を見るかどうか悩んでいるところです。Part.2はいわゆる「赤壁の戦い」のシーン満載でしょうから。










コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。