遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008冬の京都旅行 【食べ物編】
2009年01月12日 (月) | 編集 |
2泊3日の京都旅行。

その旅行中に食べた物をまとめてみました。


まずは、初日。
観光予定を変更してまで立ち寄った「さのわ」
すっきりした内装で、スマートな涼しい感じの雰囲気です。
和風小物や、「フロール」の津田陽子さんの本などが売っていました。

2008122713540000_R.jpg

知る人ぞ知る「フロール」を食べられるお店とのことで予約。
(電話予約で、ロールケーキを取っておいてもらえる!)


PC270013_R.jpg

最近そのフロールを、日本茶に合うようにアレンジしたとかで・・・
生地にも、クリームにも小豆が使われていて、本当に緑茶にピッタリ!!
クリームなんだけど、和菓子、といった味。

だけど本当は本当の「フロール」が食べてみたかった・・・

おいしかったけど、特筆するほどのロールケーキではないかな。
生地も、普通。。。 
可もなく不可もなく。緑茶に合う!というのが特徴。


この日はこれをLUNCH代わりにして、夜の京料理のために腹ごなしのお散歩観光。

そして夜は、夏と同じく、「にしむら」へ。

PC270036_R.jpg

お座席はあるけれど、カウンターはL字に8席のみ。
さすがに写真は撮れません。

・ごま豆腐(名物らしい・本当においしい!)
・牡蠣進上のお椀
・お刺身3種(大間のマグロが入っていました~)
・八寸(からすみやアン肝があり、お酒好きにはたまらないでしょう)
・鯖寿司(これも有名みたいです、冬は千枚漬けが乗ります)
・にゅうめん(鯛で出汁をとった贅沢なおつゆ)
・ぶりの照り焼き(京都ではこの季節に必ず食べる出世魚)
・松葉ガニ(浜ゆでしたものにかに味噌がかかっていました)
・白みそ椀(エビイモと聖護院大根‐‐だと思う)
・ご飯はカニみそのおじや
・フルーツのヨーグルト掛け

どれもあっさりした京風のお料理、だけど、お出汁がしっかりしていて、私のような素人でもう~んと唸ってしまう味の良さ。

白みそ椀は、そのまま京都ではお雑煮にするものらしく、これに丸餅を入れればお正月のお雑煮だと言っていました。
とろ~っとして、少し甘くて・・・
京風のお雑煮か~、食べてみてもいいな~と思いました。


2日目。

朝はホテルの和定食。

お昼は嵯峨野で鍋焼きうどん!
PC280061_R.jpg

関西風の薄い色のおつゆが美味しかった~~~。
手前に見えるのは焼き餅。
体が温まりました。


観光客のあふれる嵐山をあとにして、嵐電・地下鉄東西線を乗り継いで三条烏丸へ。
そして、今回の旅行の目的のひとつ「ミディ・アプレミディ」へ。

タルトで有名なこのお店。
店内は清潔感あふれるつくりで、ガラスケースにはタルトがたくさん!
と言いたいところだけど、まだ3時前なのにだいぶ売り切れが出ていました。
店内には2人席が6つの喫茶スペースがあるが、満席。
待つこと10分ほどで待望のタルトとご対面。

PC280064_R.jpg

タルト&コーヒーor紅茶で1,100円。
どうやら、タルトの追加は不可らしい!

選んだのは「チェリータルト」
手で食べるように、とのこと。

おいしかった!
噂にたがわぬおいしさ! 
どうして紅茶にしなかったのだろう・・・
自問自答しながら食べたタルトは本当においしかった!

もっと食べたい!
他のも食べてみたい!

というわけで・・・

2008123012560000_R.jpg

最近発売が始まった(らしい)タルト10種類詰め合わせBOXを買ってしまった!!(^^; 常温保存だし、3日持つっていうし、この日売り切れだった「栗のタルト」や「田舎風リンゴのタルト」も入っていたし。

2008123015200000_R.jpg

その中のひとつ「おばあちゃまのタルト」
たくさんのフルーツが入っています。
ゴマがかかっていて、ちょっと和風な感じ。
これは帰宅してから食べた時の写真です(^^)




この日の夜はイタリアン。
和食が続いていたので、カウンターのある祇園のお店へ。

オードブル、パスタ、メイン、デザートの軽い(?)方のコース。
それぞれメニューからチョイスできる。

オードブルは「海の幸のテリーヌ」

PC280072_R.jpg

どちらかというと、野菜のテリーヌ・海の幸入り、といった感じ。
添えの白い野菜は生の玉ねぎか?!と思ったら、生の白菜とゆり根だった。ほっ!

続くパスタは、エビとキノコのトマトソース。
生パスタもOKというので、手打ちの生パスタに変えてもらった。

PC280073_R.jpg

画像がいまいちだけど、本当はもっと鮮やかなオレンジ色。
パスタがモチモチしていて、これはおいしかった!

そしてメインは牛肉のフォアグラ添え。

2008122819310000_R.jpg

添えというか、フォアグラのほうが大きいのだけど、
ここのフォアグラ・・・ちょっとダメだった。残念!!

そして添えの野菜。ここにもゆり根。
京都の人はよほどゆり根が好きなのか?季節だからなのか?
これまたちょっと残念。
前菜の添え野菜とメインの添え野菜、ちょっと変えてほしかったな~。(^^;

デザートは盛り合わせ。

2008122819490000_R.jpg

白く見えるのは、洋ナシのアイスクリーム。
これが一番おいしかったかな。



3日目。

この日も朝は和定食。
連泊ということで、内容を少し変えてくれた。

お魚:鮭→?
卵:出汁巻き→温泉卵
煮物:がんもどき→湯葉 とまぁ、こんな感じに。


遅めの朝ごはんにしたこともあるし、甘味が食べたかったこともあり、お昼はこちらへ。

PC290086_R.jpg

和久傳 境町店。

こちらの2階の喫茶室は、落ち着いた雰囲気で居心地抜群。

読書をしながらの甘味。

2008122912580000_R.jpg

まずはワラビ餅、抹茶付。
このワラビ餅、私で売り切れだったらしい・・・まだ12時だったのに。

さすがにおいしかった!
弾力とフルフル感。 きな粉の香りと黒蜜のハーモニー♪
12時で今日の分が売り切れてしまうのもうなづけます・・・

でもこの時には一組しか他にお客さんはいなくて、
いったいいくつ限定のワラビ餅なのだろうか?と思った。


つづいて

2008122913110000_R.jpg

おぜんざい、昆布の佃煮付。
スプーンで一口おぜんざいを口に入れると幸せが広がる感じ。あ~おいしかった!
お餅ももちろん美味しかったけど、あずきが本当においしかった。きっといい小豆とお砂糖を使っているんだろうな~と思う。なんの癖もない本当においしいおぜんざいだった。



これが今回の京都旅行でいただいたもののすべて。

かなり満足のいく美味しいものたちでした。


1人旅はつまらない時もあるけれど、誰にも気兼ねなく好きな時に好きなところで好きなものを食べられる。それが1人旅の良さかな~。何度も訪れている観光地なので不安もないし、あんまり寂しくもないし(^^;


《番外編へ続く》

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ




コメント
この記事へのコメント
masaさん、女一人旅なので、1人でもOKそう、というのがまず第一条件になってしまうのです・・・
ホントはラーメンとか、食べたいんですよ~~(^O^)
2009/01/13(火) 09:34:23 | URL | jasmine #-[ 編集]
ひゃ~、どれもほんっとにおいしそう!
う~ん、やはり私は甘味に目が行ってしまいます*^^*
ロールケーキの切り口はとってもキレイだし、
タルトは濃厚そうだし、ぷるぷるのわらびもちに仕上げはぜんざい!
おいしいものって、旅行には不可欠ですよね!

2009/01/15(木) 01:13:50 | URL | moyucco #-[ 編集]
moyuccoさん、女一人旅なので、レストランより甘味処のほうがやっぱり入りやすくて、今回はだいぶ利用しちゃいました。
和菓子、いいですよね~。
2009/01/15(木) 09:43:30 | URL | jasmine #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。