遊んで、食べて、旅行して、学んで、ちょっと仕事して・・・の毎日のことを少しずつ・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009 春の湯布院旅行 -6- 観光?
2009年04月07日 (火) | 編集 |
湯布院での過ごし方は、旅館でのんびりがいいと思うのですが
観光となるとレンタカーがないと意外に難しく・・・
というのも、小さい街なので数回行くと、もう行くところがなくなっちゃうのです(^^;
小さい美術館が多いのですが、小さいだけに時間もあまりかからないし。。。

今回の旅行では、大分発のフライトが夕方だったため
旅館のチェックアウト後にちょっと時間がありました。

そこで、悩んだ結果、初めてのステンドグラス体験を予約しました!
ここへ行くために、金鱗湖を回ってお散歩していたわけです。

ステンドグラス_R

由布院ステンドグラス美術館です。

レンガ造りの外観はとても目立ちます。

体験予約は事前にしておきましたが、
まずは入館のために1,000円かかります。高っ!
正直高いです・・・・

なぜなら、大変失礼ながら2階の展示室数部屋、1,000円に値するとは思えず・・・
しかも、2度目・・・

向かい側の教会も見学できますが、地元民の有名な結婚式場のようで
この日も、式ではなく、新婚さんの写真撮影がされていました。


ステンドグラス体験では、鏡とフォトフレームの2種類を作ることができ、
見本数種類の中から、デザインを選びます。

そして、数ある色ガラスの板の中から好きな色を選び、
パズルのように好きなように組み合わせていきます。

2009031511550000_R.jpg

春らしい組み合わせにしてみました。


このあとは、一つ一つのパーツの回りをぐるりと銅製のテープで巻いていきます。
これが意外と地味な作業だけど重要。
手先が器用な人なら大好きな作業かも?!

全部のパーツをぐるっと銅テープで巻いたら、
テープの上から木製のスプーンなどでしごいて空気を抜きます。
そしていよいよハンダづけです(^^)

ここからは夢中だし、もちろん写真は撮れず・・・・


表・裏・・・とハンダ付けをし、20分程度かな、完了しました。
そのあとは講師の方がちょこちょこ手直しして、きれいに仕上げてくれました。

2009040707110000_R.jpg


思ったより時間がかかり、お昼ご飯の時間があまりなくなってしまいました

時計とにらめっこしながら、駅への道を急ぎます。
急ぎながら、その沿道にあった目立つ看板のお店でお昼ご飯を食べることにしました。

2009031514000000_R.jpg

『日本一からあげがうまい店』だそうなんです!

これは食べてみないわけにはいかない!と思いまして入店。

店内は驚くような雰囲気・・・・

2009031513330000_R.jpg

ちょっと山小屋風とでもいうような雰囲気の店内には
たくさんの紙が貼られているんです。
その紙を読むと、

「完食しました!」
「2本完食!」
「骨まで食べた!」
「あごが痛いけど、こんなに美味しい骨は初めて!」


といった内容ばかり。

から揚げを”本”で数える?
完食がそんなに大変?
骨も食べる?  と疑問が渦巻くばかり。


メニューはいたってシンプル。

から揚げ定食2種類(から揚げ+ご飯+卵スープ、それに1品つくかつかないか、だけ)
あとは、単品のから揚げ。

そして、「15分ほどかかりま~す」と美人おかみのセリフ。


確かに15分待ちました、時間がないというのに。。。

で、出てきたのがこれです、ジャ~~ン↓↓↓ 

2009031513480000_R.jpg

鶏モモ丸ごとのから揚げ!(音を再現できないのが残念!)

かなり味が染みてて濃い!

揚げたてで熱い!

でも、評判どおり美味しい!!!

口に中を火傷しながら、でも焦ります・・・・
ほんのちょっとだけ、残してしまいました、ごめんなさい。
時間さえあれば完食したかった!
骨はちょっとかじってみたら、かじれないことはないみたいで
でも、アゴを痛めてまで食べたいわけじゃないので
そのお楽しみは次回の湯布院旅行にとっておくことにしました。(^^)

かなりジャンクではあるけれど、おいしかった~♪

旅行の最後で、面白くておいしいものに出会えました。


そして、この道は辻馬車が行きかう道でした。

2009031513140000_R.jpg

写真が下手でスミマセン・・・
10名くらいは乗れる馬車です。馬のうしろに続きます・・・・
詳しくはこちら


もうとにかく時間が押し迫っているので、急いで駅まで小走りです。

2009031514010000_R.jpg

2009031514030000_R.jpg

ステキな古民家や、河原の遊歩道の満開の菜の花を尻目に
とにかく急ぎました。


《続く》






【湯布院と由布院】のお話

先日の野焼き火災で話題になりましたが
ここは、由布市湯布院町という地名なのです。
町の名は「湯布院」、
温泉の名は「由布院温泉」なのです。

湯布院の地名は、由布町と湯平町が合併したときにできたものです。

湯布院町の中には、由布院温泉、湯平温泉、塚原温泉という3つの温泉があり、
由布市の中に湯布院町があり、
湯布院町の中に由布院温泉があるという変な(?)感じです(^^;

最近は「ゆふいん」といったひらがな表記も多いようで
駅にもおおきく「ゆふいん驛」とあるくらいです。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ




2009 春の湯布院旅行 -7- お買物
2009年04月08日 (水) | 編集 |
湯布院旅行もそろそろ終わりが近づいてきました。
空港行きのバスに乗るために急いだのですが
その途中でちょっと寄り道。

それはこれを買うためです、Pロール

2009031514070000_R.jpg

山荘無量塔がプロデュースしている洋菓子店
”B-speak”の有名なロールケーキです。

普通にお店に出向いてもたいがいは買えません・・・(涙)
朝だと思うのですが、整理券を配布しています。
でも、旅行者には強い見方が!!
事前に予約できるのです(^^)

そして、即GET!

2009031520270000_R.jpg

パッケージがシックでおしゃれなPロールです。

中身はこんな感じ。

ロール_R

触った瞬間に感動します!
ものすごい柔らかさです。

クリームは少ないのですが、なにより生地が美味しいんです!!
素朴な感じで、卵の味がします。(^^)
堂島ロールとは全く違った味で、めったに食べられないから感動もひとしおです。

2009031514170000_R.jpg

バス乗り場近く、ゆふいん駅を背にして最後の由布岳です。



バスで大分空港へ直行し、空港売店でちょっとだけお買物。

2009031522200000_R.jpg

2009031522230000_R.jpg

ご当地物を夫がいそいそと買い求めていました(^^;


それから、亀の井別荘の売店「鍵屋」で買った柚胡椒。

2009031522210000_R.jpg

無添加なので、賞味期限が短いです。
小分けにして冷凍しておこうと思います(^^)


なんと、これがお買物のすべて・・・・寂しい。。。




2009031515290000_R.jpg

空港のビューレストラン・スカイラインでこれから乗る飛行機を見ながらコーヒーブレイク。


こうして2009春の湯布院旅行が無事に完結。



たった2日のエスケープだったけど、充分リフレッシュできました。

今度湯布院へ行くときは、由布岳に登ろう!と決意をいたしました(^^)





長々と何回にもわたって書いてきましたが
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ




2009 初秋の伊豆旅行 -1-
2009年10月02日 (金) | 編集 |
9月の連休に1泊ですが伊豆へ行ってきました。
ちょっと侮った連休中日の渋滞。 まさかこんなにひどいとは!


早めに旅館に着いたらのんびりして・・・と思っていたのに、
ナビの示す到着予定時間は着実に遅くなっていきます。(涙)

お昼の買出しに海老名SAに寄っただけで、あとは寄り道もせず、
脇道を駆使して、旅館に着いたのは16時。
この日は12時のチェックインが可能だったのに残念!


伊豆高原・浮山温泉、坐漁荘です。

ざ1_R

チェックインが数組重なって、旅館の対応はちょっとイマイチ。バタバタしてました。
お抹茶のお茶碗が、「はいっ!」って感じで元気良く手渡されました(^^;
せっかくのお抹茶なのになぁ~。(笑)

ざ4_R

ロビーのソファーとお茶うけの山もものお菓子です。
この辺りは、山ももの木がたくさんあるそうで、こちらの旅館のお庭にも
大木があるんだとか。ほんのちょっと酸味があっておいしいお菓子です。


ざ2_R

風情のあるお庭を見ながらお部屋へ。
案内されたお部屋は東館の2階、とても広いお部屋で海がちょっと見えました。

ざ3_R

お部屋で再度お茶とお茶うけのお菓子。
プリンのような芋羊羹、これがすごくおいしかったんですっ!!

お菓子をいただいてから、さっそくお風呂へ。
この旅館には、貸切の天上露天風呂2つ(海と山、予約不要で
空いていれば鍵をかけて入ります)
露天風呂2つ(庭園風呂と風穴風呂、男女入れ替え制)、
それから大浴場が2つ、こちらも男女入れ替え制です。

ざ6_R

この日は庭園露天風呂が婦人用でした。
洗い場は3つ。
清潔で開放感があり、気持ちのいいお風呂でした。

ざ5_R

左:天上露天風呂は2つとも東館の2階にドアがあります。
   ドアを開けると階段があり、3階へ上がります。
   このお風呂(海の見える方)はとっても気持ちよかったです。

右:お部屋の展望檜風呂。いい香りがしましたが使用はしませんでした。


日が暮れる前に、お庭を散歩したり、海を眺めたり。

ざ7_R


このあとはお夕飯です。


《続く》



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ


木曽駒ケ岳に登った日記を書きました。
もし良かったら。。。 → 山登りの記録




2009 初秋の伊豆旅行 -2-
2009年10月05日 (月) | 編集 |
9月の連休の伊豆旅行。

温泉に入ってのんびりして、ヤマケイJOYなど見ていると
お夕飯の時間となりました。


お品書きには、名前が書いてありました。

お品書き

前菜から順番に・・・

P1000395_R_R.jpg

P1000397_R_R.jpg

お品書きに、「イチョウ○」 ← 丸の中に漢数字の十  とあったのです。
これはなんだろう?と思って係りの方に聞いてみたら
丸に十字は島津家の家紋、 サツマイモを表すんだそうで、
料理の世界では良く使われる記号なんだとか。。。。 おもしろいなと思いました。

料3_R

P1000400_R_R.jpg

お造りとお椀です。
柚の上のウニは、ミョウバン処理がされていないもので、こぼれ落ちそうです。

P1000404_R_R.jpg

中皿です。
黄色いマンゴームース(甘くない)にサーモンが乗っているのと、
向こうのは、合鴨とイチジクの白子蒸し、です。
おいしいです、とっても!

P1000403_R_R.jpg

鍋物は脂の乗ったキンキがと~ってもおいしかったです。
だし汁の中で煮るお鍋でしたが、このだし汁も絶品! 


料1_R

蓋物:里芋がくりぬかれた中にいくらが入ってます。

蒸し物:スッポンの豆乳蒸です。茶碗蒸しではありません。(^^;

留鉢:帆立貝、かぶらなどお口直し的なものでした。

器がどれもステキです


この日、渋滞のせいでチェックインが遅れた方たちの夕食時間が重なったそうで
一品一品出てくるはずのお料理がだいぶまとめられて出てきました(^^;
係りの方は恐縮していましたけど、実は最初に、お料理を出すスピードを聞かれ
「早め!」と夫が答えたので、こんな風になったのだと思います。

料2_R

ご飯は松茸の焼きおにぎり茶漬けでした。
私はお茶漬けがあまり好きではないので、お茶はかけないでいただきました。

P1000410_R_R.jpg

デザートは栗のムースです。
季節を楽しめる秋の懐石料理、 どれもこれも美味しくって満腹、大満足でした。


夫はこのあと恒例のマッサージを頼んで、
夢うつつの中で、至福を味わっていたようです。


私は眠くなってしまって一足お先に Zzzzz・・・





のはずが!

この旅館のこのお部屋、明るくて眠れなかったのです。(涙)
明るいのとうるさいのが苦手な私、 本当に眠れなくて
実は押入れの中で寝ました・・・・ あ~、残念な夜。お恥ずかしい・・・




にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



2009 初秋の伊豆旅行 -3-
2009年10月08日 (木) | 編集 |
旅館のお部屋が明るくて眠れないことは良くあります・・・

でも今回のお部屋は、今までで一番明るかったかも。


眠くてつらい目をこすって、さぁ、ひとっ風呂!

P1000382_R_R.jpg

天上露天風呂・山のほうです。

2つの天上露天風呂は線対称の造りで、大きさも同じながら
海が見えるというのは相当な魅力なんだと思います。
海のほうはたいがい「貸切中」の札が出ていました。

そして朝食です。

P1000423_R_R.jpg

かわいい朝食のお品書きです。

P1000420_R_R.jpg

P1000421_R_R.jpg

P1000422_R_R.jpg

盛りだくさんの朝食でした。 朝からまたまたおなかいっぱいです。


昨日の渋滞に学習して、早めにチェックアウトしました。
そして向かった先は大室山です。 
いつも海沿いをドライブしていて、伊豆高原にはあまり行ったことがないので、
こんな観光地があることを知りませんでした。

P1000442_R_R.jpg

小さなお山ですが、かつての火山はきれいなカルデラを形成していました。
ロープウェイであっという間に登れ、お鉢の周りを15分くらいで歩けます。

P1000444_R_R.jpg

凹み部分ではアーチェリー場になっていて、観光客でも手軽に挑戦できます。

P1000445_R_R.jpg

山頂から海側を見下ろすと、ゴルフ場、海、その先に大島が見えました。
多くの観光客でにぎわう大室山。 おもしろい観光地でした。



連休中の伊豆旅行、このあと箱根へ向かいつつ、ちょっと調子が悪くなってしまったため、
箱根観光&予約していたお夕飯はキャンセルして帰路につきました。




にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。